ピーター・ドラッカーの名言|チャンスは一念専心によって、かろうじて得ることが出来る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンスは一念専心によって、かろうじて得ることが出来る。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外事業は会社が必要だと思えば指名する場合もありますが、基本的には自分で手を上げて、行きたい人が行くようにしています。

一人では何もできませんから、リーダーは自分の考えていることを仲間にもわかるように話せなければなりません。

羨ましい、憎らしい、悔しい。老いたら3つの「シイ」を捨てなさい。

姿勢や話し方といった「習慣」は、変えるのに時間がかかります。ただ、服装や身だしなみといった「パーツ」や「ツール」は、そこに投資をすることで簡単に変えられます。新しい服を買ったりネクタイを選んだりするのは一見、大変なことですが、実は一番合理的で最も効果的に第一印象を変えることができるのです。

当社はこれまで、どちらかというと古典的な輸出事業を行ってきました。それも他人の力はあまり借りずに自分たちだけで行う自前主義です。しかし、ここ5~10年ほど前から、市場の変化をとらえ、自前主義から少し転換しようという動きが起こりつつあります。社会インフラ事業の多くは、国が関わる事業です。その国の制作などに密接にかかわるので、現地の有力企業と組むのがよいでしょう。とくに販売系では現地の生産能力を活用し、我々が技術供与する形で上手く組めないかと考えています。

企業イメージをアップさせたいとき、もちろん効果的な宣伝活動も行いますが、それ以上に社員を大切に育てることが重要です。熱意があって好感度が高く、しかも能力の高い社員を育成すれば、それだけで会社のイメージは自然によくなっていきます。仕入れ先をはじめとするさまざまな取引先に対しても、仕入れ価格を値切って自分だけが儲けようとするのではなく、仕入れ先も一緒に発展していけるような形で取引を行います。仕入れ先を大事にすれば、必ず自社のために一所懸命に仕事をしてくださるようになります。そのほうが結果がよくなるのは、自明の理です。

重要なのは生産性をいかに上げていくか。一発ホームランで、誰も考えつかないような魔法のようなことはない。やはり地道に、企業は自らの生産性を上げる投資をやって企業構造の革新をやらなくてはいけない。

ページの先頭へ