細田治の名言|商いとは時代対応業

伝統と革新は相反するものではありません。商いとは時代対応業。何より大切なのは、お客様の価値観を常につかんでいくことです。

細田治(経営者) の経歴

細田治、ほそだ・おさむ。日本の経営者。和菓子「金鍔(きんつば)」で有名な江戸時代から続く老舗和菓子店「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」社長・会長。慶應義塾大学商学部卒業後、勧業銀行を経て家業の榮太樓總本鋪に入社。同社社長を務め、新しい販路の開拓を行った。そのほか全国銘産菓子工業組合理事長、全国和菓子協会副理事長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

土俵の真ん中で相撲をとるべきだ。余裕が充分あるうちから危機感を持ち、必要な行動を起こさなければならない。これが安定した事業を行う秘訣だ。楽観的に構想を練り、悲観的に計画し、楽観的に実行する。利益を追うのではない、利益は後からついてくる。

会社はまず社員の幸せのためにある。

会社を変えていくためには、まず自分が変わらなくてはいけない。

私がやってきたことを真似したり、続けたりしてはいけない。
【覚え書き|後継者に語った言葉】

良い組織づくりのためには経営者の人生観、社会観、職業観を社員に浸透させていくことです。経営者は社員と真剣に対峙してみずからの考え方を説得し、納得させる。そして感動させることが出来たとき、社風が生まれてくる。社風こそ経営の基礎的要因である。そして組織の根源だ。経営者は社員に夢を与えよ。それが社員教育の出発点。

実践を伴わないスローガンを掲げることなら誰でもできます。単なるスローガンに終わらせないためには、店頭でお客様とじかに接する現場の社員が、経営理念をきちんと実践していなければなりません。現場の社員に実践させるには、まず経営者自身が実践したうえで、社員に実践させる仕組みを構築する必要があります。

すべてを立候補にすることが大事。上司が部下に「これをやれ」と命じるのではなく、「やる」と言った人にやらせることを徹底しています。

違う環境にいる人と会うことで、「こういう見方もあるんだな」と別の視点を持つことができますし、自分自身も客観視するためにも役立っていると思います。
【覚書き|忙しいときでも社外の人と会うことをスケジュールに組み込んでいることについて語った言葉】

私は「給料は高く、人件費比率は低く」とよく言います。矛盾しているように聞こえるでしょうが、貢献した従業員に厚く処遇したとしても、その社員が処遇以上の結果を出せば人件費率は下がります。

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。

ページの先頭へ