細田治の名言|商いとは時代対応業

伝統と革新は相反するものではありません。商いとは時代対応業。何より大切なのは、お客様の価値観を常につかんでいくことです。

細田治(経営者) の経歴

細田治、ほそだ・おさむ。日本の経営者。和菓子「金鍔(きんつば)」で有名な江戸時代から続く老舗和菓子店「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」社長・会長。慶應義塾大学商学部卒業後、勧業銀行を経て家業の榮太樓總本鋪に入社。同社社長を務め、新しい販路の開拓を行った。そのほか全国銘産菓子工業組合理事長、全国和菓子協会副理事長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

近江商人の言葉に「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」があります。僕は滋賀出身だから知っていますが、これは順番が違っていて、本当は「買い手、世間、売り手」。つまりまずお客に信頼され、それによって社会でも評価され、最終的に自分も潤うのです。

田原総一朗の名言|「売り手よし、買い手よし、世間よし」は順番が間違っている


私がやることをお客様が尊敬してくださり、「そこまでやるのか」と驚異の眼差しで見てくださるようになれば、お客様がお客様を呼び、結果として売上げが伸びる。しかも、下請けをいじめるといった、商人として恥ずかしいことはしない。あくまで正しいことをやる。それが、メーカーズシャッ鎌倉の原点です。

貞末良雄の名言|お客様がお客様を呼ぶようになるには


すべて商人は、世間より一歩先に進む必要がある。ただし、ただ一歩だけでよい。何歩も先に進みすぎると、世間とあまり離れて予言者に近くなってしまう。商人が予言者になってしまってはいけない。

服部金太郎の名言|すべて商人は、世間より一歩先に進む必要がある


たとえ天秤棒を担ぐ小商人であっても、自分のことばかりでなく、世の中の一員としての自覚を持つことが大切だ。不義理や迷惑をかけないように、絶えず周囲や世間の人のことを思いやり、労苦を厭わず懸命に働けば、立派に一人前の商人として認められる。やがて相当の資産を築くこともできるものである。

小林吟右衛門の名言|絶えず周囲や世間の人のことを思いやり、労苦を厭わず懸命に働けば、立派に一人前の商人として認められる


日本も豊かな時代を経て、黙っていてもお客様は来てくれるもの、商品は入れてくれるもの、銀行は貸してくれるもの、という感覚に慣れきってしまい、商いの本質を忘れてしまったような気がします。小売業でも、単品管理だとかCS(顧客満足)といったもっともらしい言葉は氾濫しているけれど、根本の問題がわからずに技術に走ってしまって駄目になっている。

伊藤雅俊の名言・格言|日本は豊かな時代を経て商いの本質を忘れてしまった


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ