五代友厚の名言・格言|成功する人生のもっとも大切なこと

地位か名誉か金か、いや、大切なのは目的だ。

五代友厚 の経歴

五代友厚、ごだい・ともあつ、元薩摩藩士の実業家、藩の外交・財政に関わり、のちに五大財閥を設立、関西商工業の発展に寄与し関西経済界の中心的人物となる。いまでも敬意を表され大阪証券取引所・大阪商工会議所の前に彼の銅像がある

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

組織も人間と同じです。企業活動の中のコミュニケーションは人間にとっての血流と捉えることができます。コミュニケーションがサラサラの血液のように流れている会社は、社員一人一人のモチベーションが高い。職位を問わず情報が共有されており、部下の情報がマイナス面を含めて上司に伝わっているといった具合です。

料理人になろうと決めた高校生の頃から、「これからは料理だけをやっていてうまくいく時代ではない」と思っていたので、修業して調理の腕を磨くだけでなく、接客やサービスなどそのほかの部分にも力をいれなければいけないと考えました。そこで、調理の技術にプラスアルファで自分の強みになることを考えてみました。自分のオプションを検討していくと、料理だけでなく、おもてなしやサービスのことも含めて努力していけば、料理の世界で自分のポジションが確立できるのではないか。そう考えたのです。

評価を気にする人が多いですが、それと同じぐらい大切なものがあります。それは評判です。いくら優秀な成績で、能力があっても、評判が悪いと昇給や昇格は難しくなります。しかし、評判に対して自覚の足りない人は意外に多いようなのです。

確かに正しい方法や技術を選手に伝えるのは、指導者として非常に重要なのですが、相手はプロ野球選手です。すでに知っていることを繰り返し教えたところで、聞く耳を持ちません。わかっているのにできない選手には、どこに問題があるのかを自分で考えさせ、解決のためのヒントを投げかけることが重要なのであり、それこそがメンタル・コーチングです。

飛行機は空気の抵抗力がなければ飛べないし、加速もできません。いわば自分のスピードが出れば出るほど、さらに抵抗も強くなる。

僕はベンチャー起業家と言われるより小売業の経営者と呼ばれたい。小売業の中でしっかりした会社だと評価されたい。僕らの仕事は日々、売り場に立って、一生懸命に売ることです。毎日が戦いと言っていい。いい加減な仕事をしたらすぐに脱落してしまいます。小売りの世界で最終的に勝っている企業を見てみると、地道に仕事しているところしか残っていません。

今の時代、大きな夢って持ちにくいじゃないですか。どかーんと大きな夢を立ち上げて、それに向かって邁進するというのはあまり現実的ではない。でも、目標管理ならできます。小さな目標をたくさん設定して、一つひとつそれを実現していけば、人生、そこそこの状態になっていると思うんですよ。

リヴァンプ(刷新)させることをコミットして事例を積み重ねていることが弊社の信頼に繋がり、これが弊社の成長の支えになっています。

いまの40~50代は感性が若い。そうした層に情報が届く工夫をすれば、若者向きのものでも受け入れてもらえる。

当学院の創立以来、「生徒たちが大人になったときに、家庭と仕事の両立をしながら、社会で活躍できる女性に育ってほしい」という目標を掲げてきました。とくに女性は出産の可能性もありますから、人生設計は早めにした方がいいと考えています。そのためには、社会にはどのような仕事があり、自分はどのような仕事に興味があるかを、早いうちから考えておく必要があります。

ページの先頭へ