室伏広治の名言|集中とは

周りを見ながら余裕を持って取り組む。それが「集中」だと思うんです。集中というと、ひとつのものにギューっと入り込んでいく姿を考えがちですがそうじゃない。視野を広く持って、のびのびしている状態。それが理想です。

室伏広治 の経歴

室伏広治、室伏アレクサンダー広治、むろふし・こうじ。日本の陸上選手(ハンマー投げ)、スポーツ科学者。父はアジアの鉄人と呼ばれたハンマー投げ選手・室伏重信。母はオリンピックやり投げルーマニア代表セラフィナ・モーリツ。静岡県出身。中京大学体育学部卒、同大学大学院で体育学の博士号を取得。父が打ち立てたハンマー投げ日本記録を更新。アテネ五輪で金メダル、ロンドン五輪で銅メダルを獲得。アジア史上初の投擲種目金メダリストになった。また東京医科歯科大学教授を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は「管理」という言葉が好きではありません。部下を「インスパイア(鼓舞)する」、「ファシリテート(導く)する」という方がしっくりきます。

魚谷雅彦の名言|部下は管理せず、インスパイアする


どの道が正解かは人それぞれだし、もっと言えば正解・不正解は誰にもジャッジできない。

左京泰明の名言|正解・不正解は誰にもジャッジできない


情報整理というと、キーワードを個条書きにまとめるだけで終わりという人をよく目にします。しかしこれでは、問題解決にとって重要なものごとの因果関係や全体構造まで考えが深まりません。たとえば、部署の現状の問題を整理するときも、問題点を列記しただけでなんとなく整理できた気になって、そこで思考が停止。「どの問題がとくに重要か?」「それぞれの問題の関連性は?」といったところまで、思考が進んでいかないのです。図で考えることが重要です。

久恒啓一の名言|キーワードの箇条書きではなく、図で考えることの重要性


いまさら海外研修に出して何が学べるのか、という声も決まれますが、とんでもない。いくらでも学ぶべきところは見つかります。大事なのは「学び続ける」ということです。だからこそ当社は、上場企業平均の4.5倍もの教育投資を行っているのです。

似鳥昭雄の名言・格言|大事なのは学び続けること


「無いものは自ら創り出す」というのが信条。

島正博の名言|無いものは自ら創り出す


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ