細谷功の名言|情報が多すぎると思考停止に陥る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットの発達により誰もが多くの情報を得られるようになりましたが、その情報があまりにも膨大なため、どう取捨選択していいかわからなくなる。結果、細かいところにこだわり、かえって「思考停止」に陥り、結論が出せなくなってしまう。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

失敗は怖くない。年老いて失敗を恐れる己が怖い。

私がやったことは、カルビーが昔から持っていた手法を理論化しただけ。

経営者であると同時に、シニアコンサルタントとしてお客様も相手にするため、正直、多忙です。そこで朝の時間をフル活用して、能力アップに励んでいます。朝、出勤してから会社の始業までの間に何をやるか、あらかじめルール化して取り組むのです。

介護にしろ、オフィスの生産性にしろ、全世界共通の課題なんです。しかも、こうした課題というのは増え続けていますから、我々企業がしなければならないことは自ずと見えてくる。

中小企業の技術がなければ、大企業も力を発揮できない。

「成功の必勝法」があるなどという前提でいたら、もうその時点で失格です。万人に共通の成功の型なんてありません。みんな同じ「必勝法」をやれば、それこそ同質化競争に陥りますから。

「ツキと、出会いと、運」です。先見の明があったなどとは口が裂けても言えません。私に言わせれば、どんな先見の明も、すべて後講釈といいますか、後付けにすぎません。試行錯誤があるだけです。

ページの先頭へ