アルフレッド・アドラーの名言|叱ることは本質的な解決にはならない

叱ると一時的には効果がある。しかし、本質的な解決にはならない。むしろ相手は活力を奪われ、ますます言うことを聞かなくなるだろう。

アルフレッド・アドラー の経歴

アルフレッド・アドラー、アルフレート・アードラー。精神科医、心理学者。オーストリア・ウィーン出身。ウィーン大学医学部卒業後、治療院を開業。フロイトのウィーン精神分析協会の中核的メンバーとして活躍。その後、袂を分かち個人心理学(アドラー心理学)を創始した。著書に『人生の意味の心理学』『個人心理学講義 生きることの科学』『子どもの教育』『恋愛はいかに成就されるのか』『人はなぜ神経症になるのか』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私も車のキーやテレビのリモコンの置き場所を忘れることはよくあります。こんなときはたいてい、考え事をしていたり、何かに気をとられたりしています。記憶力の大会でも、周囲の雑音に気を取られているときは課題がまったく頭に入ってこなくなります。覚えようとする意志は、集中力とも言い換えることができるのです。暗記の集中力を高めたいとき、私が行なうのは「腹式呼吸」。お腹を膨らませながら深く吸って、ゆっくりと息を吐き出すことを繰り返すうちに、心の緊張や滞りが解けて、目の前のことに意識が集中できるようになります。

経営とは詰まる所、トップの心持ちではないでしょうか。シンプルに考え、素直に自分の考えを主張する。それは利己的なものではなく、私心を捨て、社員や会社を最優先させたものでなければならないのです。

確かにいまの米国株のPER(株価収益率)は、第二次世界大戦後の平均を大きく上回っている。それでも株価が上昇したのは、他に魅力的な投資先がないからだ。先行きは不透明だ。用心深くしなくてはいけない時だと思う。

この商品、サービスをいくらで売ろうと考えても、なかなかうまくいかないもの。いまはモノも情報も氾濫している時代ですから、単純に売りたい、稼ぎたいと思う人ほど、残念ながらお金が巡ってこない。単眼ではなく複眼思考が必要です。

最近の営業は、同じセクション内のコミュニケーションにとどまらず、製造とか物流とのチームプレーも求められるようになってきました。それぞれの立場で「お客様の笑顔」に向けて工夫をし、組織全体のクオリティを高めていくというやり方です。

ほんとに皆さん敏感で、そこにあるものが広告なのかコンテンツなのかを常に見極めて、広告だと思った瞬間、見なくなる。

マネジメント経験の長い支社長、支店長クラスの方は、よく「管理職の仕事は、部下に『言う』ことではなく、『言い続ける』ことだ」と話します。「内田さん、3年間言い続けてようやく聞いてもらえるようになった」「やっと言い続けてきたことが浸透した」などなど。まさにその通りで、部下を変えるには「言い続ける」しかありません。

僕の場合、ある程度の余裕を持って、セリフを覚える時間が欲しいタイプ。これだけ覚えるには3日かかるだろうと思えば、その前後のスケジュールを先に聞き、3日前には台詞を覚え始められるようにします。そうやって準備を入念におこなうことで、ピンチにならないようにしているわけです。

この世に生を享(う)けたものに、落ちこぼれなどあるはずはない。すべては光る存在なのである。これは天から授かった私の宇宙観である。

ブラブラと何も考えずに外を歩くことが、一番のストレス解消法になります。

ページの先頭へ