エリック・バーンの名言|過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。

過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。

エリック・バーン の経歴

エリック・バーン。カナダの心理学者。ケベック州出身。マギル大学で医学博士号を取得。ニューヨークとサンフランシスコの精神分析協会で精神分析医の訓練を受けた。その後、新しい集団療法の研究を行った。著書に『性と愛の交流分析』『人生ゲーム入門 人間関係の心理学』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

2008年にiiyama(日本の液晶モニタメーカー)を吸収合併し、当社の飯山工場となりました。おかげさまで長年培ってきたものづくりの哲学やノウハウなど多大な資産を継承できました。高品質の製品を効率的につくり上げる。飯山工場の存在が法人ブランド立上げの力にもなっています。

劣等感が消えないのは、ありのままの自分を受け入れていないことが原因です。他人に少しでもよくみられたい、いま以上に評価されたいと思うのは、プラスアルファの自分を演じているから。その邪念が心を乱し、自分本来の力を発揮できないこともあります。

私たちだけでできることは限られています。パートナーのアセットと当社のアセットを組み合わせて新たなサービスやビジネスをともに創出し、社会課題の解決に貢献していく、それが協創の取り組みです。

俺は俺の打ち出し方しかできないんだ。どんなフォームで打とうと放っといてくれ。要は結果を出せばいいんだ。

私は、チャレンジして失敗することをリスクだとは考えていません。何もしないことこそが、最大のリスク。じつは私も一度設備投資を失敗して「大失敗賞」をもらっているんですよ(笑)。

会話のきっかけをつくるネタの多寡は、観察力というか、普段どれだけ物事に目を配って情報を集めているかで決まると思います。例えば、駅に向かう道すがらどんな人とすれ違ったか。街中にどんな建物や像が立っているか。「ああ、ありましたね」と返ってくる人と、「そんなのありましたっけ?」と首を傾げる人。営業マンでいえば、経験上、前者のほうが間違いなく腕がいいですね。

土日にしっかり休んでも鬱々とした気分が抜けない、様々なことが気になってリラックスできないビジネスマンは多いはず。そんな方は、土日にくっつけて有給休暇を取るなどして、連続で「3日間」休むのがお勧めです。2日間だけだと、土曜はリラックスモードに入る準備で終わり、日曜は「明日からまた会社か」と緊張が高まってくるため、心が休まらないのです。これが3日間であれば、少なくとも2日目は心おきなく休むことに集中できます。これは、災害救助の現場などで感情疲労を起こした自衛隊員も取り入れている実践的な方法です。ここで大切なのは、基本的に3日間はひたすら寝ること。そして、自分の心をかき乱しそうな要素、たとえば仕事のメールやSNSのチェックは一切行なわないこと。外部の情報を一切遮断しましょう。

将来は事業家になって両親に恩返しをするという志が揺らいだことはありません。ただ、何歳で社長になるという人生設計書は、たびたび書き直しました。

フル生産になっていない工場は、絶対に「名工場」にはなりません。生産台数を求められれば、トラブルに俊敏な対策をしないといけない。みんな知恵が回るわけです。

五里霧中で遠くが見渡せなくなったときには、変えられない過去や不確定な未来ではなく、「今」の目の前のことに無心に没頭することが大切。

ページの先頭へ