渋沢栄一の名言・格言|明治財界の三傑

このエントリーをはてなブックマークに追加

明治維新当時の財界における三傑は三井の野村利左衛門(三井財閥の創設者)と鉱山王の古河市兵衛(古河財閥創設者)と天下の糸平こと田中平八を挙げなければならない【渋沢栄一、しぶさわ・えいいち、幕末から明治にかけての実業家・官僚、日本の銀行と株式制度の父】【覚書き|天下の糸平=田中平八、たなか・へいはち、幕末から明治の実業家・現物先物投資家、生糸・為替・銀・米の相場で財を築く、本業が生糸問屋だったため天下の糸平と称された、現在の東京穀物商品取引所の初代頭、渋沢栄一と懇意だった】


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。

嘘も100回言えば本当になる。

我々が生きている世界は、○か×かのデジタルな世界ではない。どちらでもない部分のほうが多いのです。例えばある研究者が一生かけて何かを探求し ようとしたとします。結局、彼の人生は一生かけても欲しいものを手に入れることはできないかもしれない。でも彼は盲目的に探していくわけではないですよね。どこかで欲しいものに近づいていると思うからこそ彼は生きていくのではないでしょうか。

我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべきです。

人の上に立った者はむやみと腹を立てたり、下のものを叱ったりするもんじゃない。叱ったり怒ってみても、子供じゃあるまいし、まず実にはならん。

「ボクはいいよ。ボクの代わりにパパにやってもらう。なぜってパパの方が手が大きいもの」(覚書き|ある駄菓子屋が、ネルソン・ロックフェラー少年にお菓子を一掴み分クリスマスプレゼントとしてただであげようといった。これを聞いたネルソン・ロックフェラーの答え。自分が不得意な分野や、自分よりうまくできる人がいたらその人に仕事をやってもらうというリーダーの在り方をあらわしている)

授かった仕事が何であろうと、常にそれに満足して一生懸命にやるなら衣食は足りる。

ページの先頭へ