マキャベリの名言|君主に尊敬をもたらすもの

偉大な事業をなし、比類のない模範を自ら示すことほど君主に対する尊敬をもたらすものはない。

マキャベリ(マキャヴェッリ) の経歴

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大半の職種において、緊急性が高い連絡は頻繁にはありません。集中の妨げになるスマホと相即不離なのは精神衛生的にもよくありません。

決済の事業は結果が出るまで10年はかかると思っています。初期は100メートル走のように走っても、そういう生活は2~3年しか持たないので、マラソンに切り替えました。モチベーションと健康を崩さないことが何より重要。燃え尽きるのが一番怖いんです。

もし個人が目標を持つなら、自分もこういう人になりたいと思えるお手本を身近に見つけ、その人に近づくにはどうしたらいいかを考える方が、現実的で意味のあることではないでしょうか。

私は、「営業日報を読め」とはいいません。営業日報は、営業マンの主観によって書かれており、また嘘の情報が書かれていても見破ることが困難なのです。情報としての精度も低いのです。情報価値が低い営業日報を営業マンに書かせたり、リーダーが読み込むのは、時間のロスでしかありません。そこで私は、営業日報は廃止、毎日、一人三十分ずつのヒアリングに切り替えることを提唱しています。ヒアリングによってその日の現場の状況を逐一部下から聞き出し、適切な指示を与えていくのです。また部下は、毎日ヒアリングされることによって自分の仕事ぶりをリーダーに見透かされてしまうため、暇つぶしができなくなり、怠慢時間を減らせるという効果もあります。

誰もやったことがない番組を自分の力で作り上げたいと意識し続ければ、オリジナリティーは出せますよ。例えば、「冬はカニがおいしい季節だから、カニ特集を組もう」ではただの模倣。でも頭をひねってみて、「カニカマならどうか」と考える。カニカマに命をかけて徹底的に調べ上げ、1時間のスペシャル番組にしちゃえば、テレビ史に残るじゃないですか(笑)。

営業には特別なセンスやスキルが必要なわけではありません。最近は、技術系の人が配置転換で営業に来ることも多いのですが、そういった人向けの研修では、私はまず「みなさん、おめでとうございます」で始めます。営業は楽しく自己実現できる部署だからです。もちろん、最初はみなさん営業に苦手意識を持っています。しかし、営業の仕組みをつくって、メンタルブロックを解消してあげれば売れるようになります。それができるかどうかは、営業マネジャーにかかっているのです。

自社ブランドにこだわるよりもOEMの方が数は出る。競合でABC3社あったとすれば、A社がB社やC社のヘッドホンを使うことはありえないが、OEMならABC3社からの受注も可能。「世界中の人に良質の音を提供したい」という創業理念を実践するには、OEMの方がいい。戦う以上は数を確保することが重要。

最初は素人ばかりが集まってアニメをつくっていましたね。だから、物語としての面白さはあっても、アニメとしての出来はホントにひどくて(笑)。ヘタなだけならまだいいんですよ。単純に色の塗り忘れとか、セリフを言ってるのに口が動いていないというミスもよくありました(笑)。当時は深夜アニメ全盛期の時代でしたから、きれいな絵のアニメがたくさんあって、その中に『鷹の爪』みたいな作品が突如現れたら、面白い面白くない以前に、アニメファンは衝撃を受けたでしょうね。そりゃあ「クソアニメ」って言われても仕方ないですよ(笑)。

アイデアは思いついた瞬間にアウトプットして、脳に印象付けることが大切です。脳に一度刻み込めば、あとは必要に応じて記憶が呼び起こされます。あとで思い返せないようなアイデアは、もともと必要のなかった情報だと判断してもいいでしょう。いずれにしても脳が要不要を判断してくれるので、アウトプットを必ずしも保存しておかなくてもいいわけです。

成功者のノウハウよりも、まずは自分に目を向けるべきです。たいがいの人は、知らず知らずのうちに、成功から遠ざかるような行動をとっているものです。テレビをダラダラと観ていたり、メールばかり打っていたり、休憩時間が長すぎたり。そうした無駄な行動を、無理のない範囲で減らせばいいのです。

ページの先頭へ