松下幸之助の名言|好況よし、不況なおよし。

このエントリーをはてなブックマークに追加

好況よし、不況なおよし。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

確かに我々は日本生まれの会社だし、日本が好きだから世界で日本の存在感を示し続けたい。日本中心の会社でありたいから、逆にこんな状況のなかでどうしたら日本がリーダーシップを発揮できるのか。それを考えていかなくてはいけない。そう考えると、やはり技術の先進性は日本で発揮したい。これは意地でもある。

私は学生のころ、アナウンサーを目指していました。ところが試験に合格できず、しかたなく教師になったんです。最初から望んで教師になったわけではないのですが、成功体験を積み重ねて、仕事が面白くなりました。

人間なら誰しも、最初は気が乗らないということがあると思います。そんなときは、無理にそれを好きになるのではなく、自分の理想を強く思い描いてみる。その理想を実現するために必要ならば、勝手に身体が動くし、そうでなければ止めてしまえばいい。ここでもはやり大切なのは、自分の望むことをイメージできるかどうかなんです。

良いサービスを生むには良いチームが必要。

いきなり数億円規模の大きなプロジェクトを動かそうとすると、事業計画をつくり、予算を立ててと身構えてしまいますが、少人数で数千円を折半するような形ならさっとスタートできます。

一朝一夕にできないのが、商品の価値を伝えるための人材の育成です。それには手間も時間もかかりますが、手を抜いてはいけません。成城石井では、お客様との接点が最も多い場であるレジを重要視し、チェッカー教育に注力しています。目に見えないところにも力を入れているのは、価値を生むのは結局は人だからです。

人脈を広げるには、「自分が得をしたい」という気持ちはまず脇に置いて「自分は何ができるか」という視点から、人と関わっていく姿勢を身につけること。

ページの先頭へ