進藤晶弘の名言|部下の力を引き出すには

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下に力を発揮してもらうのは難しいことではありません。やりたがっている人にやってもらう。ただそれだけです。


進藤晶弘 の経歴

進藤晶弘、しんどう・まさひろ。日本の経営者。半導体メーカー「メガチップス」創業者。愛媛県出身。愛媛大学工学部卒業後、三菱電機を経て、リコーに入社。電子デバイス事業部副事業部長、リコー半導体研究所所長などを務めたのち、独立してメガチップスを創業。同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

威厳は香りのごときもの。威厳を活用する者はそれをほとんど意識はしません。

本心から部下を信頼して仕事を任せてきた。
【覚書き:銀座本社ビルの売却、生産品目削減など厳しい事業合理化を実施し、合理化をなし遂げた時を振り返っての発言】

指揮官たる一人の愚将は、二人の良将に匹敵する。
【覚書き:命令が錯綜するので、指揮官やリーダーは一人だけに絞れという趣旨の発言】

はたして、生まれながらのリーダーというものは存在するものでしょうか?私にはそう思えません。確かに、リーダーシップの適性がある人はいますが、その数は想像以上に多いことでしょう。その人がリーダーになれるかどうかは、その適性を伸ばす環境にいられるかどうかによって決まってきます。こちらはそういった環境を用意して、つまりチャンスを与えて、その人がチャンスを活かせるかどうか見ればよいのです。

TQC(総合的品質管理)はバタ臭くてとっつきにくいというのなら、やらなくて結構。ただし、若い人の取り組みを妨げないでください。
【覚書き:鹿島建設でTQCを導入しようとしたとき、あまり乗り気でない他の重役たちに対しての発言】

能力があっても一人の人に何もかもやらせるのは無理ですから、企業活動の様々な領域で、できる人をたくさん養成する。そのためには思い切って任せることで、失敗してもやかましくしかってはいかんのであって、そこで親切に教えるのがコツです。そうしてこそ、企業の活性化が達成できると思うのです。

方々から責められても、組織や人、仕組みを変えられる人がリーダーであるべきだと思います。

ページの先頭へ