上杉鷹山の名言|働き一両、考え五両、見切り千両、無欲万両。

このエントリーをはてなブックマークに追加

働き一両、考え五両、見切り千両、無欲万両。


上杉鷹山 の経歴

上杉鷹山、うえすぎ・ようざん。上杉治憲、うえすぎ・はるのり。江戸中期の大名。出羽国米沢藩9代目藩主。日向高鍋藩(のちの宮崎県児湯郡の東部)藩主の子として生まれる。母方の祖母が米沢藩4代目主の娘であった縁から米沢藩8代目藩主・上杉重定の養子となる。数々の改革を成し遂げ、領地返上寸前の米沢藩を再生させた。江戸時代屈指の名君として知られている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経済大国となった現在の日本で、日本的な特殊事情を強調することはとうてい許されないことであり、日本の国益にも反することになりかねない。ある程度の力を備えた日本の金融界はいまこそ国内の旧態依然たる金融風土を改革し、自己責任の原則、自由企業の原則を確立しなくてはならない。日本経済の中核的分野である金融界は率先垂範しなくてはいけないだろう。

まずは、小さな間違いを繰り返すこと。その都度立ち止まって、一所懸命考えて、次の行動へと踏み出してゆく。そうした経験から多くの事を学んでゆくのではないでしょうか。私だって、未だに失敗していますよ。投資に限らず、生涯勉強すること。早くお金持になることではなく、経験を積むために、学び、実践することが重要だ。

分からんことがあったらお父さんに聞きなさい、あとは自分でやりなさい。若い者に政治をやらせなければ先は開けない。

現在の状況において危険性は感じられない。投資家が市場に興味を持ち、熱心であり続ければ、市場は上がり続ける。

成功している人たちは、常に複数の収入源を持つ必要性を知っていました。一つの収入源が枯れても、他のたくさんの収入の流れで補うことができます。一方、普通の人たちはとても危険な立場にあります。一つの収入源を失うと、破滅してしまうということになりかねません。そして再起するのに何年もかかることになります。

店を閉めようとしたら50万円の借金が見つかった。結局私一人が借金を背負った形となって、このあと悪戦苦闘をする。そして立て直しに成功する。いい取引先を見つけたことと思惑をやらなかったせいである。
【覚書き:藍澤証券の前身である港屋商店を経営再建したきっかけについての言葉。思惑とは思惑売買のことで、自分の思惑でもって金融商品の売買をする投機的投資のこと】

アメリカの大金持ちは50社のポートフォリオ投資で財をなしたわけではない。彼らの莫大な個人資産は一つの優良ビジネスを突き詰めることによって築かれてきた

ページの先頭へ