吉田松陰の名言|得ることが難しく、失いやすいのは時間である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

得ることが難しく、失いやすいのは時間である。


吉田松陰 の経歴

吉田松陰、よしだ・しょういん。幕末の武士、思想家、兵学者、教育者。長州藩士。6歳のときに叔父で山鹿流兵学師範の吉田大助の養子となる。叔父の玉木文之進の開いた松下村塾で学ぶ。アヘン戦争をきっかけに西洋兵学に興味を持ち、九州に遊学。遊学後は江戸に移り、佐久間象山に師事する。黒船に密航した罪で幽閉の身となったのち、松下村塾を引き継ぎ、伊藤博文、高杉晋作、山形有朋など次世代を担った人物たちを教育した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が時間を有効に使いたいと考えるのは、「一分の大切さ」を身をもって知っているからかもしれません。テニスでは一分あれば試合の流れが変わります。負けている試合であっても逆転が可能なのです。ましてや、アスリートとしての私に残された時間は決して多くはないのですから、より一層時間を有意義に使いたいのです。

心配するのは時間の無駄だ。心配は問題を解決しようとする私の邪魔になる。

締め切りを早めに設定するなど、今までの自分を振り返って「自分がうまく行動できた」ときの時間の使い方を再現することで、時間管理はぐっとうまくいくはずです。

時間管理術にせよ、整理術にせよ、自分の身の回りや頭の中をクリアにすることで、気持ちよく効率よく作業ができ、ムダが減る。

大切なのは課題とゴールを明確にすること。達成する成果目標を、受益者とプロジェクトメンバーできちんと共有し、適正な時間管理をすることで、確実なフィニッシュができるのです。

私たちは常に命の短さを嘆きながら、あたかも命がいつまでも続くかのように振舞う。

短時間で多くの仕事をこなしている人に対しては、周りの人は「この人の時間を無駄にしてはいけない」と思うので、周りが時間を合わせてくれるようになります。時間管理をしっかり行うことで、自分の時間の使い方を有利に進めることができます。

ページの先頭へ