毛利衛の名言|ミッションが成功するかどうかは、思いやりによる人と人のつながりにかかっている

スペースシャトルや国際宇宙ステーションのように、生死を共にするような極限の環境に身を置いた際一番大事なのが思いやりです。一人ひとりが最高の能力を発揮して初めて困難に立ち向かえるという時、仲間が何を考えているかを先んじて理解し、その人が能力を発揮しやすいようにしてあげる。逆に自分が能力を発揮するために相手がサポートしてくれる。宇宙でミッションが成功するかどうかは、この思いやりによる人と人のつながりにかかっています。

毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

失ったものを数えるな。残ったものを数えろ。

ある日突然重いものを持ち上げられるようになる筋トレと一緒で、日々悩んでいるうちに力がつく。そこまで悩み続けられる、内向的な人こそリーダーに向いているはず。

今後は高齢化社会がやってくるし、自分たちの得意なインターネットを活用して、この介護・ヘルスケア領域を活性化できないかと考えるようになった。残念ながら、いくら考えても、インターネットを活用したヘルスケアのビジネスモデルがまったく思い付かない。知識もなければ経験もないということで、まずは勉強のために介護現場を知ろうと考えて学校に通い、介護ヘルパーの資格を取得しました。そして訪問介護の事業をスタートさせたんです。私も陣頭指揮をとりながら現場にも入りまして、これが介護事業を始めた経緯です。

極めて泥臭い話かもしれませんが、各国でビジネスをやる場合は、その国のローカルの人たちと心を一つにすることが非常に大事。みんなで現地へ行き、現場を見て、現場の人と一緒にやる。

競争が進歩を生むのですから、日本に外国企業が進出してくるのは私としては良いことだと思います。

一番効率がいいのは、節約してできるだけ早い段階でまとまったお金をつくり、それを運用で増やす方法です。5%複利で運用すると15年で元金が2倍になると考えると、30代、40代で3000万円くらいアセット(資産)を持っていれば、15年後には6000万円になります。複利のパワーはかくも絶大。同じ時点から1万円ずつ貯金をスタートする人とでは、15年後の差はとてつもなく大きなものになります。

いま世の中には、一部の人たちの利益を守るために、みんなにとって不便なものが多すぎる。医薬品のネット販売の話もそうじゃないですか。あんなものはさっさと規制緩和すればいいのに、ぐだぐだ言ってるから社会が停滞するんです。

例えばワタミの渡邉美樹社長は起業前にきついアルバイトをして創業資金を貯めました。こういう経営者は少ない。だから東証一部上場まで行くんだと思う。ここまででなくても覚悟というか伝わってくるものがないと何かを成し遂げることは不可能だと思う。

わが社にとってバブル崩壊は思いがけない僥倖でした。なぜかというと、バブル崩壊による企業の雇用抑制で、これまで採用がむずかしかった優秀な人材がどんどん入ってきてくれるようになったからです。駅前の立地も空き店舗が増えて借りやすくなりました。これも運といえば、運だったのかもしれません。ずっと一所懸命やってきたから、誰かが追い風を吹かせてくれたのでしょう。

日の光に当たれば自然に目が覚めるように人間の身体はできています。目が覚めたら、カーテンを開ける。そうすれば、脳のなかの時計がリセットされるといわれています。さらに窓を開けて、5分でもいいので日照を浴びれば、すがすがしい朝を迎えることができるでしょう。

ページの先頭へ