毛利衛の名言|日本人のいいところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の特性の中で、私が一番アピールしたいのは、相手の身になって考えることができる「思いやり」の心です。「俺が、俺が」と自己主張するのではなく、常に相手を思いやる。これは日本人が持つ文化のひとつだと思います。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンパクトカメラでもレンズ交換式でも、やみくもに数量を追わないという姿勢を維持します。安売り競争に巻き込まれないように、付加価値の高い製品を提供し利益優先主義で事業を進めていきます。

リニアテクノロジーには、「アナログ・グル(導師)」と呼ぶ世界トップクラスのアナログエンジニアが多数在籍しています。彼らの優れた知見や経験を広く伝えながら、アナログのうねりを業界に起こしていきたいと考えています。

一人でいくつもの仕事を抱えて、頭が混乱しそうな状態であっても、大局観をもつためには、自分が抱えている仕事の全貌を見渡せるようにすることが重要です。具体的には、仕事の項目を一覧にしたアクションリストを作成するのが効果的でしょう。まず、いま抱えている仕事の項目をすべて書きだしていくことです。そうして仕事の全体像を見渡したら、それぞれの仕事の優先順位を見極めていきます。

タリーズ・ジャパンには大資本がバックについていなかった。本家のタリーズUSAからの出資は780万円だけ。銀座に店を開くために要した7000万円は私が親戚や金融機関から借りて集めた。成功するも失敗するも、すべては私次第だった。タリーズUSAとの契約内容は、コーヒー豆を買い、ドリンク類に限っては同じメニューを提供するということくらい。当時は店の設計、運営マニュアルなどもないに等しい状態で、私自身も経営者としての経験はおろか、アルバイトを含め、コーヒーショップで働いたことすらなかった。

教会には「退修会」という言葉があります。世俗を離れ森の中に入って身を清めながら祈りをささげる。置かれた環境や立場の違う人たちと、一緒になって沈思黙考していると、世の中には自分よりもいろいろな制約を受けながらそれでも懸命に生きている人たちがいることに気付かされる。明日への勇気がわいてくる。

哲学の問いは答えのないほうが普通であり、わからなくなることは、理解が深まった証拠でもある。

最後は「できる限りのことはやった」という実感が背中を押してくれる。

ページの先頭へ