マイケル・ポーターの名言|日本の課題は企業がより力強く成長できる環境を整備し改善していくこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本という国の活力源は企業です。多くの企業が依然強く、国際競争でも健闘している。強い技術力を持ち、イノベーションを起こし続けてもいます。そうした中、日本の課題は企業がより力強く成長できる環境を整備し改善していくことだ。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

伝統的業界で大胆な挑戦ができたのは、私が強力に社員を引っ張るタイプだからだと思っています。

フランスと日本の教育は入試問題からまったく違います。フランスの高校卒業試験であるバカロレアでは去年、「あなたは自由と平等、どちらが大切だと思いますか」という問題が出ました。これはどちらを選んでもよくて、なぜ自分はそう考えたかを論理的に説明することが求められるわけです。一方、日本のセンター試験の「倫理社会」では、「○○主義を提唱したのは誰ですか」という答えがひとつしかない問題が出ます。しかも四択や五択です。

日本一になるなどと思うな。世界一になるんだ。
【覚書き|ホンダが東京に進出したとき社員に向かって言った言葉】

将来に向けた資産形成のための投資なら、大きく勝つことより、「大きく負けない」ことを強く意識すること。大きく勝とうとすると、無謀な投資になってしまい、リスクの取りすぎで失敗します。

当社の社長になる前、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの臨床診断機器部門のアジア太平洋地域を統括していました。海外は国ごとに文化が違うので、信頼できる人に現地のリーダーを任せ、彼らをサポートする形で仕事を進めました。

串カツ田中は、これまでの経験から、店のオペレーションは極力シンプルにして、アルバイトだけでも回せるようにしたのも特徴です。トヨタ系の会社にいた経験を生かし、例えば厨房はしゃがまずに作業できるような設計にするなど、業務の効率化を追求しています。

パートナーである岩瀬は私より30歳近く年下で、当時、生命保険業界を全く知らない若者でした。そんな異質な人との出会いは、新しいアイデアをどんどん生んでくれるのです。私にとって岩瀬は、新しい刺激を与えてくれる人であり、彼との日々のコミュニケーションが、やる気と生産性をいっきに高めてくれました。

ページの先頭へ