大前研一の名言|日本にいて膝を抱えてじっとしていたら、何が正しくて何が間違っているかは絶対にわかるようにはならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にいて膝を抱えてじっとしていたら、何が正しくて何が間違っているかは絶対にわかるようにはならない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本の電子部品メーカーが強いのは、逃げ道をなくし退路を断ってやってきたので、勝ちパターンを身に付けているのだと思います。

父(創業者:潮田健次郎氏)はとにかく変わり身が早かったんです。社是とか社訓とかでがんじがらめにするタイプではありませんでした。受け継いでいることはいくつかありますが、唯一、制約として残されたものは住生活という名前、つまり住生活以外はやらないということです。でも、それでいいと思っています。まだ住生活の中でやることがたくさんありますから。

業界の常識から一歩踏み出せば、もっと簡単に、もっと効率的に物事を進められることがたくさんあるはずです。しかし業界のプロフェッショナルと呼ばれる人たちは、セオリーを無視した提案を頭から拒絶してしまいます。素人に真似できない、プロの技術を駆使したものこそ最善、と考えているのです。

起業家というのは無から有を産むことに喜びを感じるという宿命を背負っている。

根回しというと、「陰でこそこそ動く」「媚を売る」といったネガティブなイメージを抱かれることもあります。しかし媚になるかどうかは、目的をどう表明するかによって変わります。「自分が出世したいから協力して欲しい」と頼むなら、確かに印象は良くないでしょう。しかし、「会社のため、世の中のためにこれを実現させたい」という利他的な目標を熱意とともに掲げれば、共感の源となります。

4つの事業領域のトップには傘下の事業に関する責任と権限を明確に持たせた。各事業領域は自分で投資したいキャッシュは自分で稼ぐのが大原則。

たいていの人事制度企画は、「徹底的に考え抜いた企画」です。にもかかわらず、「社員をしらけさせてしまう運用」がしばしば行われ、両者は常に互いにせめぎ合っている。人事部門は両者の矛盾を埋めていくためのイノベーションを生み出さなければならないのです。そこに手を抜いていてはいけないと思うのです。

ページの先頭へ