大前研一の名言|日本にいて膝を抱えてじっとしていたら、何が正しくて何が間違っているかは絶対にわかるようにはならない

日本にいて膝を抱えてじっとしていたら、何が正しくて何が間違っているかは絶対にわかるようにはならない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

感情は抑え込もうとすると逆に大きくなる。イライラしているな、と思ったら、それを無理に抑え込もうとするのではなく、「今、自分はイライラしている」と認めるようにするといい。「イライラしないようにしよう」ではなく、「ああ、自分は今イライラしているな」とちょっと離れたところから眺めるようにして、その感情を認める。それからそれを受け流す練習をしましょう。

手塩にかけて育て、これから職人として脂がのってくる時期にいい人財を手放すのは、会社としては大きな損失です。ですが、私は秋山木工という会社を大きくしたいわけではなくて、世の中にすぐれた職人をたくさん送り出したい。だから外の世界に出すのです。私が育てた職人たちが才能を開花させてさまざまなところで活躍する。彼らがまた自分を超える職人を10人育ててくれれば、すばらしい職人がさらに増える。思いをつなげていくことで、やがて秋山木工という会社はなくなっても、百年、二百年使える家具とともに、私の魂は職人たちに引き継がれていく。ひいてはそれが、業界全体の力を底上げし、日本をよくしていくことにもなります。

本人が視線をどこに合わせるかが重要です。視線が横向きや下向きになったりすると、自分はそこそこ競争で勝っているとか、この連中よりは上だとか、自己満足が始まります。あるいは、これ以上はもう上には行けないと、諦め感が生まれたりします。緊張感が続かなくなり、その時点で成長は止まります。

部下の立場にいると、「上司は見識ある人格者で、部下を正しく導くべきだ」と思いたくなるものです。しかし、そんな理想的な上司などほとんどいないということは、自分の上司を見てみればよくわかるはずです。

今でも私は講演や執筆の仕事は基本的に断わりません。もちろんハードですが、忙しい時こそ頭がフル回転する。たとえば、空き時間の30分で原稿を書かなければいけない、といったときですね。余裕があるときに書いた原稿とくらべても、不思議とこういう時に書いた原稿はクオリティが高い。これも、負荷をかけることで本質にフォーカスせざるを得なくなるからでしょう。

当社は、入社10年間は評価に差をつけても昇格に差をつけない。4月からは、この勉強期間の10年間に3つの違った仕事を経験させるガイドラインを導入する。

貯蓄できる人は、時間の管理もできるし、お金の管理もできる。自身をコントロールする力がある、という証しです。高収入の人でメタボに陥っている人は少ないのではないでしょうか。

人は喜んでもらえると、もっと続けようという気になるもの。

何かの意思決定をする時には株主の声にも耳を傾ける必要がある。株式会社のお金はもともと株主のものなので、株主の権利を守るのは経営陣の役割の一つでもあります。

「いいものを作れ」と当たり前の言葉で言っても、それほど強く響きません。ところが、これを「いいものを作ろうと思うな、とんでもなくいいものを作ることを考えろ」という言葉に換えると、途端にイノベーションのスイッチが入る。朝礼などで社員に直接語りかける際、私が多少乱暴な言葉を使うのも、そのためです。

ページの先頭へ