松下幸之助の名言|自分には自分に与えられた道がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

独立の気なき者は、必ず人に依頼する。人に依頼する者は、必ず人を恐れる。人を恐れる者は、必ず人にへつらう。

手間隙はかかりますが、やはり一人ひとりの目線に合わせて指導することが大事。

誰のそばにも、いつもいる明治にしたい。

幸せに生きるためには、いま生きているこの瞬間、この日をいかに過ごすかが大切です。

変革を起こそうとする試みの70%は失敗します。社員をやる気にできず、変革のスタートラインにすら立てないこともあります。スタートしたものの完全に失敗に終わる場合もあります。そしてヘトヘトに消耗して、非常に遅きに失したタイミングで目的を達成する場合もあります。

世界と共存し、ゼロサムではなくプラスサムの世界をつくるべく、交渉の中で努力することが大事。自国の国益、産業のことだけを考える姿勢になっては交渉はまとまらない。

段取り上手な人は、「残業は絶対にしない」「○○時までにこの仕事を必ず終わらせる」という明確な目標をもっています。その目標があるから、仕事の効率を上げるため、猛烈に努力するのです。つまり、「時間は有限である」ことを改めて意識し、仕事の終了時間を厳守する姿勢が、段取り上手になるための第一歩といえるでしょう。

ページの先頭へ