松下幸之助の名言|一挙に事を決するということを行なえば、必ずどこかにムリを生じてくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

一挙に事を決するということを行なえば、必ずどこかにムリを生じてくる。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

めの裏付けになる財政基盤がなかったら、それは戯れ言でしかない いくら理想の高いことを言っても、それを達成するための裏付けになる財政基盤がなかったら、それは戯れ言でしかない。

「とにかくやってみろ」という気風は、いまでも会社のDNAとして受け継がれています。

仕事以外に夢中になれるものを持っているかどうかは、仕事のパフォーマンスに大きく影響する。趣味は単なる息抜きではない。趣味も仕事もそれぞれが主体であり、統合することでシナジー(相乗)効果が出る。趣味が20、仕事が80と切り分けてバランスを取るのではなく、両者を統合することで、100が110や120にも膨らむ。

グローバル化という言葉のとらえ方は考えなければなりません。直観的には英語ができて海外で活躍するということなのでしょうが、それだけではない。今、多様化の時代と言われていますが、さまざまなものの考え方からいろんな生き方まで多様化しており、世界の知や経験を取り込みながら多様性を生む新たな教育を確立することが、グローバル化です。

何かを固く信じたら、それを守る気構えを持っていなければいけない。

人前でも批判されることなく、しっかりと振る舞うには、派手なテクニックを過剰に使ってはいけない。伝えたいことを明確にし、必要なテクニックを自然な形で、地道に実践することの方が大事。

中身のない文章を難しい言葉で書くのは「下手なビジネス文書」、反対に、中身のある内容をやさしくわかりやすく書くのは「上手なビジネス文書」と心得てください。

ページの先頭へ