松下幸之助の名言|心配や憂いは新しくものを考え出すひとつの転機

このエントリーをはてなブックマークに追加

心配またよし。心配や憂いは新しくものを考え出すひとつの転機ではないか。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

株式会社という存在がなぜ世の中に許されているのかといえば、大きな資本と大きな組織を糾合すれば、社会により良い商品、より良いサービスを提供し、たくさんの職場をつくりだすことができるからです。特に人間が生きるため、食べていくための職を提供するというのが、株式会社という企業体の重要な存在理由だと私は考えます。

「そもそも人間は弱いものなのだ」と肝に銘じて、それを前提にシステムを構築していかなくてはいけない。ですが、沈没していく多くの企業はそれができていません。

商売というからには、誰でも一応は一生懸命やっている。それで当たり前、いわば2×2=4(ににんがし)である。大きな成功を収めるには、それだけでは足りない。考えて考え抜き、努力に努力を重ねて常識の壁を越え、誰もがやれないようなことをやってのけなければならない。2×2=4を、2×2=5(ににんがご)にも6にもしなければならない。

TQC活動が論理力を鍛えることになるのは、「なぜ?」を繰り返し問うからです。たとえば、「残業が多い」という問題の改善策を考えるなら、「なぜ残業が多いのか?→仕事の効率が悪いから」「なぜ効率が悪いのか?→部員間の連絡が滞りがちだから」「なぜ滞るのか?→……」というようにどんどん掘り下げて考えます。そうして考え出した改善策を、きちんと実行する。それで実際に効果が出れば、他の問題についても改善策を考えるモチベーションが高まっていくでしょう。これを繰り返すことで、組織として論理的に考えて実行する体質ができていきます。

年齢や性別、国籍などのバックグラウンドにとらわれず、多様なキャリアや価値観を持つ人材が個々の能力を最大限に発揮できる環境をつくること。これこそが、お客様のニーズにお応えし続けるために必要な取り組み。

上限を自分で決めず、努力を重ねることが大切。

投資においては、初級者も上級者も、300万円の運用でも3億円の運用でも基本はみんな同じ。まず、お金の置き場所を決める。次に、全体として自分が取るリスクの大きさに合わせてお金の配分を決める。最後に、お金の置き場所別にどんな商品を割り当てるか決める。このたった3ステップ。

ページの先頭へ