松下幸之助の名言|はじめからしまいまで徹底的に悪いということもなければ、また徹底的に良いということもない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめからしまいまで徹底的に悪いということもなければ、また徹底的に良いということもない。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

弊社の新入社員は毎日、教育担当の先輩宛に、仕事の報告や相談したいこと、さらに宿題として『All About』の中で気になったコンテンツの感想などをメールで送ります。このメールは自分に関係のあるグループの社員にも同報で送るので、文章の書き方や表現におかしなところがあれば、必ず誰かから指摘を受けます。社内で叩かれているうちに、社外の人に出しても恥ずかしくない。最低限のレベルの文章力が身につくのです。

企業も含め、どんな組織でも同じだと思いますが、集団では誰かが率先して嫌なことや難しいことをやらなければならないのです。誰も水の中に飛び込もうとしない集団は弱い集団です。

ISAK(アイザック)の真価が問われるのは、本当に10年後とか、20年後に卒業生が社会で何を生み出すのかということがすべてだと思うんです。私たちの学校は東大に何人合格したとか、ハーバードに何人とか、進学率で図られる学校ではないと思いますので、近視眼的な評価に惑わされることがないよう施策を誤らないようにしないといけないと考えています。

メーカーも顧客も「扇風機ってこんなもの」「トースターってこんなもの」と思い込んで進歩が止まっていた、言わば「寝ている」状態のときに、すごく良いモノを作って乗り込めば、「寝込みを襲った」のと同じですから、確実に勝てる。

冷蔵庫や携帯電話に象徴される科学技術の発達を手放しで喜ぶことはできません。私たちは便利な生活と引き換えに、欲求を先送りする能力、つまりポストポン(延期)力を失っているのです。

最近のIT企業では、一年以上先の計画を立てない企業がかなりあります。なぜなら、計画を立てると、その計画通りに進むことが、なんとなく合意事項になってしまって、世の中が計画より早く変わっても、古い計画に縛られてしまうことがあるからです。現代では、少しぐらい計画から脱線したとしても、だいたい進みたい方向に進んでいればOKと思っておくのが正解。

反対する方が楽なんだ。潰しちゃえば何も結果が出ない。僕はやるといった以上、失敗したら責任を取るつもりでいる。反対する人は、クビをかけて反対しているのか。

ページの先頭へ