松下幸之助の名言|成功の姿は、人によってみな異なる。

成功の姿は、人によってみな異なる。

松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネス文書で、作文の体裁に縛られるのはナンセンスです。読み手が続きを読みたくなるような一文であれば、それで冒頭文の目的は十分に達せられるでしょう。

あまり過去を振り返らない性格上、未来に向かって進みながら、今後もいま置かれた立場で精一杯のことをやっていきたい。

政府が掲げる地方創生が間違いだとは思いませんが、机上で考えた政策と現場とでは隔たりがあるのも事実です。例えば、魚沼では第二創業に関心を持った若い経営者が増えていて、政府の施策ではそうした部分への支援が手薄です。そこで私どもでは若手経営者のための経営塾を開いたり、破綻した個人を救済したり、地域経済を底辺から支えたいという思いで、私たちなりの地方別生に取り組んでいます。

課題の与え方には、部下のレベルに応じて2つのパターンがあります。

  1. 役割を与え、答えを引き出すパターン。部下一人一人にそれぞれ役割を担ってもらう。
  2. 課長代理に課長レベル、課長には部長レベル、というようにワンランク上の仕事を与えること。

どちらのパターンにしろ、ノルマや課題を与えるには部下はどのようなことが得意で、どんなタイプの人間なのか把握しておくことが必要です。そのためには普段のコミュニケーションが大切です。

自分が人生懸けてやっている仕事について頭を必死に使って知恵を絞り出さない人がいるとしたらダメ。

敵手を否定せんとする戦いは冗談である。敵手の態度を否定せぬ怒りは洒落である。

信頼というものは一夜にしてできるものではない。しかしながら、長年にわたって築き上げてきた信頼、信用を一夜どころか、ほんの一瞬の不注意で失ってしまうことになる。商売をするものにとってこれほど情けないことはない。

投資するときに注意しなければいけないのは、景気の流れです。かつては、景気の良いときと悪いときが比較的分かりやすい形で順番にやってきましたので、一度チャンスを逃しても、また次のチャンスがやってきました。スポーツにたとえるなら攻めと守りが交互にやってくる野球型といえます。しかし現在は、いつチャンスがやってくるか分かりません。守りから急に攻めに転じなければならないこともあります。いってみればサッカー型に変化しているのです。景気の流れの変化に敏感に対応し、資産の組み替えもその時々で検討すべきでしょう。

インターネットでいろんな人が自由につながる状況下、既存の考え方をいったん白紙に戻し、最も最適なスタイルは何か、考えていくべきでしょう。

厳しい時代だからこそ、自分たちで仕事をつくろうという気概があってもいいのではないか。

ページの先頭へ