宇都宮恒久の名言|諦めないうちは失敗ではない

諦めないうちは失敗ではない。

宇都宮恒久 の経歴

宇都宮恒久、うつのみや・つねひさ。日本の経営者。「中央タクシー」社長・会長。長野県出身。大学中退後、父の宇都宮乗用自動車商会を経て長野タクシーに入社。その後独立して中央タクシーを設立。徹底的なお客様主義を掲げ、同社を長野県一のタクシー会社に成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

満足されたお客様から信頼を得ることで、リピートだけでなくクチコミで新しいお客様も増えます。しかし、いったんお客様の信頼を失うと、回復するのは非常に難しいのです。

お釈迦様は「この世は苦である」とおっしゃいました。生きることは苦しいと。しかし、この世は苦であると最初から思っていれば、どんな苦しみにも耐えられます。苦だと決まっているのだから、じたばたしたって仕方がないのです。

気持ちが続かないのは、目的意識が希薄だから。選ばれる「理由」を明確にすることは、あなたの士業ビジネスの目的づくりにほかなりません。選ばれる理由づくりはどのようにすればいいか。「やりたいこと」「できること」「稼げること」を組み合わせるのです。自分の経験や能力を棚卸しして、「誰に」「何を」「どのように」提供し、どんな「結果」をもたらすのかを整理しておくコンセプトづくりが不可欠。

アタマは使うが、心痛はしない。

一度や二度の失敗に目くじらを立てるのではなく、失敗から学ばせる。もちろん自身が挑戦してもいい。そこからしか、日本経済の復活は生まれ得ない。

シリコンバレーでも日本でもそうですが、成功するスタートアップはメチャクチャ働いています。3年間は、睡眠時間は3時間位というのが当たり前です。

企業経営でもリズム、メロディ、ハーモニーの三つはポイントだ。リズムとは事業の勢い、メロディは事業の継続・流れ、そしてハーモニーは開発・生産・営業など各部隊の調和のとれた活動のことを意味する。【覚書き:経営理念を趣味の社交ダンスに例えて表現した言葉】

プロジェクトを立ち上げる時に、やたら情報収集して、ネガティブな情報までたくさん集めて、やっぱりこの計画はやめておこう、実行しなくてよかったね、と安心するような人が結構多い。情報を集めることに時間を費やし、行動しないで終わるなら、その時間は無駄。

私の念願と決意が達成できぬなら、耐え得るところにあらず。政治的良心に従い、進退を決することにする。

クライアントや仕事仲間から「あなたともう一度仕事したい」と言ってもらえるような姿勢で何事にも真摯に取り組み、期待以上の成果を残すべき。

ページの先頭へ