藤崎一郎の名言|人と人のつながりで欠かせない視点

このエントリーをはてなブックマークに追加

人と人のつながりで欠かせない視点、それは「あまり短期で考えるな」ということです。


藤崎一郎 の経歴

藤崎一郎、ふじさき・いちろう。日本の外交官。駐米大使。鹿児島県生まれ、神奈川県育ち。慶應義塾大学経済学部在学中に外務公務員I種試験合格。外務省に入省。米国ブラウン大学、スタンフォード大学に留学。在インドネシア大使館三等書記官、OECD代表部一等書記官、大蔵省主計局主計官補佐、情報調査局安全保障政策室長、情報調査局分析課長、経済局国際エネルギー課長、在英国日本国大使館参事官兼ロンドン総領事、外務大臣官房参事官、外務大臣官房在外公館課長、外務大臣官房会計課長、アジア局外務参事官、在アメリカ合衆国日本国大使館公使(政務担当)、北米局長、外務審議官、ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使、在アメリカ合衆国特命全権大使などを歴任した。そのほか日米協会会長、世界貿易センター東京副会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

間違って伝わった自分に対するイメージによって人々から愛されるよりも、自分の真実の姿によって憎悪された方が気持ちがいい。

人と交渉事をする場合、光を背にして位置することが有効であると知った。相手の顔の相の動きがよくわかると、話し合っている途中で、交渉がまとまるかまとまらないかの見当がつく。私は旧債処理のため前後八回にわたって外国へ渡り、外国商社と交渉にあたったが、これが非常に役に立った。

仕事をしているときの顔は一切家庭には持ち込まず、「僕はあなたと結婚した時と同じ、ただのダメな男ですよ」という姿勢を崩さない。家では夫の顔、娘の前では父の顔、仕事場では監督の顔とそれなりに上手く使い分けられるように努力している。

コミュニケーションの基本は、お互いに「わかり合っている」という意識。

訪問は短く、冬の日のごとく。追い返される面倒が起きないように。

人間関係について私がいままで学んだ最も大切な教訓を要約すれば、「まず相手を理解するように努め、その後で自分を理解してもらうようにしなさい」ということである。この原則が、人間関係における効果的なコミュニケーションの鍵なのである。

その人になりきってしまって、その人が怒るときには私も怒り、その人が泣くときは私もまた泣いて、ものを考えているのである。

ページの先頭へ