津賀一宏の名言|BtoBビジネスで考えるべきこと

BtoB部門の社員には、Bの先の消費者を意識してほしいと言っています。それが我々のBtoBのお客様の期待でもあるんです。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

歳をとったり、家庭を持ったりなどしても、環境が変わっただけと考えて、自分の気持ちはこれからも変えずにやっていくのが一番ですね。

ビビる大木の名言|環境が変わっただけと考えて、自分の気持ちはこれからも変えずにやっていくのが一番


人生には終わりがありますが、挑戦に終わりはありません。私はまだまだ挑戦し続けたいと思いますし、そうした越境へ挑戦することの大切さを両親から学んだような気がします。

出井伸之の名言|挑戦に終わりはない


ヒットはすべて論理によって生まれます。ある製品が売れるか売れないのかというのは、常に論理を打ち立てて判断しなくてはなりません。私は長年の経験で論理を常に頭の中で組み立てます。

樫尾和雄の名言|ヒットはすべて論理によって生まれる


自分の部署に閉塞感が出てきたようなときに、上司自身が部下の目線に降りて「どうしたらいいと思う?」と話しかければ、部下はポツポツと意見を出してくれます。そういったコミュニケーションが頻繁になってくると、次第に「あの人と一緒に仕事をすると面白い」「意見を聞いてくれる」という雰囲気が醸成されます。すると、人望が集まり、必ず仕事の成果もついてくるのです。

本田有明の名言|部下の人望を集めるには


特に企業が組織の変革を図ろうとしているときなどは、研修にはできるだけ企業トップに直接関与してもらうようお願いしています。なぜかというと、私は研修を、ただ漠然と人を教育する場であるとは考えていないからです。もっと直接的な意味のあること。いうなれば、まさに企業が抱えている何らかの課題を解決するための活動なのです。ですから、企業が特定の課題に直面したときや、現在の活動を新しい方向へ展開しようとするときに、組織の強化を図るための触媒となる場こそ研修なのです。

張琴の名言|研修は企業が抱えている何らかの課題を解決するための活動


仕事も実はあんまり好きじゃないんです。私は仕事が自分の手を離れれば離れるほど嬉しい。でも、敵が現れると急にやる気になるんです。逆に、敵の存在をいつも意識していないとサボりたくなってしまう(笑)。

星野佳路の名言|敵が現れると急にやる気になる


創業家以外から社長を出したことも社員の意識を変えたと思います。頑張れば社長にもなれるんだという意識の変化は、大きなモチベーションにつながります。こういったことは時代の変化に合わせて進化させていく必要があるのです。

立石義雄の名言|時代に合わせて会社制度を変化させる


そもそも、子供は炎のようなもの。エネルギーの塊だから、色々な経験をさせてどんどん燃え上がらせてやらないとダメだと思うんです。その火を消そうとしてもダメだと思う。その火を消そう、抑え込もうとしてしまえば、子供の良さがなくなってしまいます。

田村邦明の名言|色々な経験をさせてどんどん燃え上がらせてやらないとダメ


メーカーが「これは良い製品だ」といって提案してきたのが日本の成功モデルだったが、これからはソフトを組み合わせて、お客様に価値を認めてもらえるものをつくらなければいけない。そう考えて、コアになる我々のモノづくりを進化させていく。

荒川詔四の名言|これからはソフトを組み合わせて、お客様に価値を認めてもらえるものをつくらなければいけない


仕事をしている時間は、大きく「Aタイム」「Bタイム」「Cタイム」に分けることができます。Aタイムは顧客との商談など売上に直結する最も大切な時間。Bタイムは会議や商談の準備など、直接金にはならないが必要不可欠な時間。Cタイムは商談の待ち時間などのスキマ時間です。残業を減らすには、このスキマ時間をいかに減らすかがポイントになります。

箱田忠昭の名言|残業を減らすには、スキマ時間の削減から


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ