福沢諭吉の名言|やるならとことんやることが大切

学問の道に入ったならば大いに学問すべきです。農業を志したなら豪農になりなさい。商人になるならば大商人になりなさい。学問をする者は、小さな安楽に満足してはなりません。

福沢諭吉 の経歴

福沢諭吉、ふくざわ・ゆきち。日本の武士、蘭学者、著述家、教育者。慶應義塾大学の設立者。幕末、明治初期に数多くの人材を教育し、明治六大教育家のひとりに数えらた。また、一般向けの本を多数執筆し、啓蒙活動を行った。著書に『学問のすゝめ』『西洋事情』『福翁自伝』『福翁百話』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

インターネットの登場で、個人が情報を世界へ発信できるようになった。その情報が基になって、時に新たな情報が加わりながらブームを作っていく。これが文化だと思う。大企業ではなくても文化を作れるってすごいことだよ。

力はあなたの弱さの中から生まれる。

錐(きり)は力を先端の一点に凝集させることで効率よく目的を達成する道具です。その力の源は集中力です。錐のようにすべての意識や神経を一つの目的に集中すれば、誰もが必ずことをなしうるはず。

主力事業の取引先から契約を解消された時は大変でした。しかし、それが会社の転機になったのです。「この事業に期待できないなら、新しいことに挑戦しよう!」と考え、アドテクノロジーの基盤となる事業に取り組み始めました。結果的にそれが成功。今ではアドテクが売り上げの半分以上を占めています。

実は20代の頃、劇団四季に所属してたんですよ。でも、半年で辞めました。理由は踊りが下手だったから(笑)。でも、個人的には歌うことは嫌いじゃなかった。このまま、自分は踊れないからと固定観念に縛られて、ミュージカルに対して苦手意識を持ち続けていいのかって考え始めたんです。それで思い切って2年前、「デスノート ザ ミュージカル」に出てみたら、歌えたし、まあまあ踊れたんです。ミュージカルをやれるかもって気持ちになりました。

あなたは相手の話に関心を持ち、しっかり耳を傾けているでしょうか。相手の話は聞き流すくせに、自分の主張は通したいというのでは、誰も聞く耳を持ってくれません。自分の考えや気持ちを伝えることができる人は、相手の言い分もきちんと聞いています。逆に言い分が相手に伝わらないと感じる人は、自分も相手の言葉を聞いていないケースが多いのです。

昔の話ですが、ある時期、僕は昔の、デビューの頃の楽曲を、一切歌いたくないと言って、実際歌わなかった時期があったんですね、30代の頃。そんなことさえもばからしい。別に自分が作って、自分が育てた曲なんだから、別にどの曲でも歌えばいいじゃないか。

先日、「渋滞学」で著名な東京大学の西成活裕教授に、「仕事の渋滞」の話をうかがいました。車の渋滞が、適切な車間距離を取っていないために起こるように、仕事もあまりにギリギリで進めるとかえって渋滞してしまう。アポとアポとの間に少なくとも15分、理想は30分のゆとりタイムを置くべきだ、というお話でした。実際に多くの組織で、こうした渋滞が起きています。

進むこと鋭き者は、退くこと速かなり。

日本には目の前の小さな権益に固執して、大きな利益を逃すケースが随所に見られます。しかし、裏を返せば、そうしたところは既得権益によって成長が抑え込まれているということ。中期で見れば、そうした業界のほうがチャンスは大きいと言えるかもしれません。

ページの先頭へ