福沢諭吉の名言|人望を得る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

人望は、力量によって得られるものではありません。また、財産をたくさん持っているということで得られるものでもありません。その人の才能と知恵の活発な働きと正直な道徳心によって、徐々に得られるものなのです。


福沢諭吉 の経歴

福沢諭吉、ふくざわ・ゆきち。日本の武士、蘭学者、著述家、教育者。慶應義塾大学の設立者。幕末、明治初期に数多くの人材を教育し、明治六大教育家のひとりに数えらた。また、一般向けの本を多数執筆し、啓蒙活動を行った。著書に『学問のすゝめ』『西洋事情』『福翁自伝』『福翁百話』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客さんが喜ぶことだったら、何をやってもいい。お客さんのためになることで、やってはいけないことなどひとつもない。

結局、飲食業は人です。人がやる気になったら行動は変化します。経営者がやることはその動機付けです。よそは社長が一番上にいるピラミッド組織ですが、うちはまったく逆。お客さんが一番上にいて、次が従業員、業者やフランチャイズがいて、底辺にいるのが僕です。経営者は主役とは違います。主役はあくまでお客さんです。

飛び抜けた何かがあれば施設を再生できる。

5時間睡眠でも全く平気な人もいますし、ストレスをものともしない人もいます。しかし、誰もがそういう鉄人ではありません。個人差があります。「同僚はつらくても頑張っているんだから」といった考えで無理をすると、必ずいつか破綻します。自分の体力や精神力を過大評価せず、必要な休息をとっていくことが大切です。

より大きな成果を上げるためには、周囲の協力が欠かせません。私は人脈を広げるために、お金を相当つぎ込みました。

外国人は仕事とプライベートは別だと割り切っているのかと思っていましたが、意外にも、みんな延々と自分の話をします。それくらい、自分の存在を知ってほしいと思っている。

「地元の足を守る」という考え方だけではダメ。ローカル線に魅力を感じる都会の人たちを呼び込み、地域にお金を落としていってもらわなければならない。

なめられちゃいけないと思うのか、社員を怒鳴る方がいるみたいですけど、それは大きな勘違いです。怒鳴ったってお互い傷つくだけで、人は動きません。会議で怒鳴ったら会社を辞めてもらう。これも当社のルールです。おかげさまでうちの会社は、整備士もパイロットも、みんな仲がいいんです。私が怒鳴る必要なんてありません。

事実や数字は不動です。だから「誰とでも」共有できる。「自分」と「相手」の認識を一致させるための「土台」にできる。自分が何かを主張する場合は、その土台になる「事実」を積み上げて説明しないと、「根拠がない」と判断されてしまう。

メール一本でも、完ぺきに書こうと思うと時間がかかりますね。私はメールを先送りしそうになったら、思い切って電話します。早く書かなきゃと焦り続けるのは、精神衛生上よくないです。

ページの先頭へ