隈研吾の名言|江戸はコンパクトシティーのひとつのモデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸というのは世界のコンパクトシティーのひとつのモデルです。あれだけ人口規模が大きく、人口密度が高かったにもかかわらず、その中でヒューマンスケールな街が実現したという例は、世界の都市史の中でも例がない。さらに、水のネットワークと地上のネットワークとのスムーズなつながりなど、多くのヒントが隠されています。僕らが東京というものをもう一度、世界に売り出す時に、江戸の路線はうまく隠し味で使いたいですね。


隈研吾 の経歴

隈研吾、くま・けんご。日本の建築家。東京大学教授。神奈川県出身。小学生のときに東京オリンピックのオリンピック建築を見たことをきっかけに建築家を志す。東京大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院建築意匠専攻修士課程修了。日本設計、戸田建設、コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員などを経て隈研吾建築都市設計事務所を設立。法政大学工学部建設工学科非常勤講師、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、慶應義塾大学理工学部客員教授、慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授、アメリカイリノイ大学建築学科客員教授などを経て、東京大学工学部建築学科教授に就任。国内外で美術館や劇場、そのほか幅広い分野の設計や監修を手がけた。主な受賞に日本建築学会賞作品賞、村野藤吾賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部科学大臣賞ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間には動物と違ってプライド、自尊心がある。自尊心を傷つけられると、相手の言うことが正しいとわかっていても反発するものです。「あなたの言うことは100%正しい。でも、あなたが言うから私は全力で反対する」ということはあり得る。そうならないためには、まず部下のプライドを守る話し方を心がけること。

大切なのは、プランとの誤差を頻繁にチェックすること。誤差が小さい段階で気づけば修正しやすい。1kmズレてから修正するより、1mズレた段階で修正する方が簡単ですよね。

女子アナウンサーというと、華やかなイメージばかり先行しますが、実は下調べや人間関係づくりなど、地道な作業が多いんです。でも、そうした地道な仕事こそが、アナウンサーの仕事の醍醐味につながると思っています。

多くの人々に喜んでもらって結果として事業になる、人助けをしながら喜んでもらえて事業としても成り立っていったら一番良いこと。

最高の提案をするために、今日決めなければならないことは徹夜してでも今日決める、そうでないならば頭を冷やして翌日議論を深める。

新製品を出しても、コンビニの棚では3カ月とか半年しか持ちません。だから、キットカットは2000年に3カ月限定の商品を出しました。コンビニに切られた在庫の処分が利益を圧迫するので、それなら最初から期間を限定して「売り切れゴメン」という状態にしておけばよいと考えました。

唐揚げ屋がチェーン化されてこなかったのは、惣菜屋さんやコンビニの存在があった部分も大きいです。ただ今後は、より専門店ならではのクセになる美味しい唐揚げのニーズも高まってくるはずです。当社もその美味しい唐揚げの魅力を伝えるべく、まずは100店舗体制を目標に展開していきたい。

主軸の有線放送事業の営業戦略について自分なりの仮説を持っていました。それを社内での議論を通じて検証を重ね、現場に落とし込みやすいようファインチューニング(微調整)を行い、全国展開しています。

日立と合弁会社を設立し、ATM(現金自動預け払い機)事業を移管する前、ATM事業に長く携わってきた社員たちとディスカッションを繰り返しました。多くの人がいまの事業を続けたいという意見でした。社名からオムロンの文字が消えたとしても、グローバルにやりがいのある仕事に取り組めるのなら、それは素晴らしいことだと思います。

危機感が会社を突き動かすのはせいぜい2~3年。最高益を更新し、今の電機業界では利益が安定しているという評価を受け、緊張が緩む危険を痛切に感じています。新たな目標に向けて力を高めないと、普通の会社で終わってしまう。

ページの先頭へ