大前研一の名言|参謀は大将の能力を見極めたうえで提言を

大将の能力、力量を正しく見極められなければ、参謀は務まらない。無理な戦略を提言して「それはいいけど、俺には無理だ」と言われたら仕方がないし、無理強いして失敗させたら元も子もない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事とはお客様に喜んでいただくこと。その結果として得られる感謝の大きさが対価であり、絶対に逆になってはいけません。


当社には製造のノウハウがありません。モノを作るノウハウと商品を企画する力は専門メーカーにはかなわない。私たちはあくまで小売りで、そこにプライドを持っています。もちろん情報をたくさん集めて、選別する目は鍛えています。ただあくまでお客様の目線でこういう商品がこの価格なら売れるという視点です。製造小売りを目指すよりも、取引先のメーカーに、お客様がこういうものを欲しがっていますよと伝えて、作ってもらう方が、ずっといい商品が出来上がってくる。仕入れに徹する小売りとして、まだまだ効率化できる部分がある。それを理屈通りに徹底してやっていくのが「しまむら流」です。


もしも自分のスキルがソフトウェアに取って代わられたことでコモディティ化したならば、まだコモディティ化されていない上流にのぼって、人間が直接関わる必要のあるより複雑な問題解決に挑めばいい。そうすればフリーと競争できるようになるだけでなく、そうした個別の解決策を必要とする人は、より高い料金を喜んで支払うはずだ。


ページの先頭へ