大前研一の名言|参謀は大将の能力を見極めたうえで提言を

このエントリーをはてなブックマークに追加

大将の能力、力量を正しく見極められなければ、参謀は務まらない。無理な戦略を提言して「それはいいけど、俺には無理だ」と言われたら仕方がないし、無理強いして失敗させたら元も子もない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ある仕事になかなか手をつけないので理由を聞くと、「考えてました」と言う人がいますが、そんなのは「考えているつもり」つまり「悩んでいる」にすぎません。

「いまの若者はきついとすぐ辞める」とよく言いますが、それはキツイことをやっても、そこにやりがい、喜びを感じられないからです。

単語帳や文法ドリルなど受験勉強的な学習法は捨てたほうがいいですね。それが機能するなら、今頃は問題なく英語を使いこなせているはず。そうなっていないのは、苦行となるやり方をしていた証拠。同じ失敗を繰り返すのは馬鹿らしいので、昔やっていたやり方はきれいさっぱり忘れましょう。

赤字決算を説明する際、同業他社と比較する人がいますが、それはあまり役立ちません。銀行が気にするのは、あくまで自社業績の推移。業績をしっかりと分析し赤字の原因を見極め、それを解決する方針を明らかにすることが重要。

中国古典はいきなり原文から入ると難しすぎて読む気が起こらず、挫折しやすいので、最初はできるだけとっつきやすいものを選びたい。入門書で中国古典の世界になじみ、その素晴らしさを理解したら、それぞれの原文に挑戦してみるのもいい。原文やその直訳に触れると、解説書では得られない、エネルギーのほとばしりのようなものが直接感じられる。

大事なことは数字を構成する要素を見ること。

どんなに格好いいビジネスモデルを持ち込んでも、商品そのものの競争力を高めない限り、勝ち残るのは難しい。

ページの先頭へ