大前研一の名言|コンサルタントは自分の利害を捨てて考えることが大切

コンサルタントも商売だから、嫌われたり、失敗して切られるのは怖い。だから、クライアントの好みを先に聞き出して、それに合わせるような戦略を提言したり、答えがわかっている領域を「問題」として取り上げて、簡単な分析で無難な戦略を提言する輩が少なくない。しかし、そんなものが「参謀の仕事」であるはずがない。自分のインタレスト、自社のインタレストは捨てて、「この人を輝かせるためにどうしたらいいか」だけを考える。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人に頼ったり巻き込んだりすると、それは自分だけの目標ではなくなる。すると「約束を守らなければ」というやる気も生まれます。私もハーバード受験の際、多くの人に「ハーバードを受験します」と宣言して助言を仰いだのですが、そうすることで自分を鼓舞したのです。

どの本が一番感動するかは人それぞれですが、たまたま出会った本や、そこに書いてあるワンフレーズが人生を変えることがあります。そんな出会いがあるからこそ、本は読み続ける価値があるのです。

新聞を取り巻く環境が厳しいのは事実です。ですが記者の数は減っていない。むしろ私が現場にいたときより多いはずです。従業員の削減は、印刷工場などの制作部門が中心です。間接部門でも合理化を進めましたが、新聞社の一番の根幹であるコンテンツに直接関わる人員は減らしていません。

何にでも功罪がある。例えば戦中の「一億一心」って教育も功の面では、後の東京五輪や大阪万博を皆で盛り上げる源になったのかもしれません。今、かつての五輪の再来が可能でしょうか。

初動を早くするということは、常にポジティブな心を持つということです。どんなに悪い環境であっても、必ずその先にはバラ色の未来が待っているんだという明るい気持ちでいることが大事です。

コスト管理と情報開示も大事。開発費を資産計上する会社もあるが、当社は毎月経費で計上。コスト管理を徹底し、数字は四半期ごとに開示。通期で業績を大きく下方修正することがないよう努めている。

企画の背景となる相手の状況が把握できたら、そこから課題をピックアップしていきます。つまり、相手が望むことを実現させるためにはどのような課題に取り組まなければならないのかを、具体的に示すのです。まず、把握した背景をいくつかのトピックに整理して列挙します。これによって、プレゼン相手に対して、企画の前提となる条件が間違っていないかを確認することができます。相手とのあいだで諸条件を共有することができれば、それ以降、ボタンの掛け違いが起こるのを防げます。

弊社はペーパーレスが進んでいて、会議で紙を使う必要がある場合も、1枚に収まるように短くエッセンスだけ書かせます。テーマが多いときは3つに絞ってもらいます。人間が覚えられるのは、せいぜい3つまで。それ以上は処理しきれないので書いても無駄です。

結局「壁」を作り出しているのは人間の心。行く手を阻む風の大波を困難だと感じたり、恐れたりするのは人間です。波は波でしかない。大自然を前にすると、ジタバタしても始まらない。淡々と冷静に最善をつくすだけ。

この人は余命わずかな、今日死ぬかもしれない人だと思って接客してみよう。もし、自分の目の前にいまにも死にそうな人がいて、「ちょっと、背中をさすってくれませんか」と頼まれたら、さすってあげるでしょ。ちょっと不謹慎な例えかもしれませんが、それくらいの気持ちでお客さんに接すれば、売り上げは必ず伸びるんです。

ページの先頭へ