大前研一の名言|コンサルタントは自分の利害を捨てて考えることが大切

コンサルタントも商売だから、嫌われたり、失敗して切られるのは怖い。だから、クライアントの好みを先に聞き出して、それに合わせるような戦略を提言したり、答えがわかっている領域を「問題」として取り上げて、簡単な分析で無難な戦略を提言する輩が少なくない。しかし、そんなものが「参謀の仕事」であるはずがない。自分のインタレスト、自社のインタレストは捨てて、「この人を輝かせるためにどうしたらいいか」だけを考える。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

様々な分野の異なった知識が、ひとつのテーマに有機的に結びついたとき、そこに創造や洞察が生まれます。では、異なった知識をひとつのテーマに有機的に結び付けるにはどうすればよいのか。それは、「深い問い」を抱きながら読むことです。深い問いを抱くならば、問いが問いを呼び、思考が広がり、深まり、知恵が有機的に集まり、自然に知識の生態系が育っていくでしょう。

田坂広志の名言・格言|様々な分野の知識が結びついたとき創造性が生まれる


「わたし自身」という個性は、あくまでも結果についての呼び名にすぎず、自然の分身としての「自分」は本当はどのようにでも変化できる。いや、いまも休みなく変化し続けているのだ。

玄侑宗久の名言・格言|「わたし」という存在は休みなく変化しているもの


人脈は、一朝一夕には築けないものです。しかし、今日から築きはじめることができるものでもあります。

志賀内泰弘の名言|人脈は今日から築きはじめることができるもの


昔の人はよく言ったもの。「平凡が一番だよ」。上手くいった人への嫉妬も入ったこの言葉、じつに上手い言い訳ではないかと思うよね。「貧乏で頭もよくないけど、みんな丈夫だし、幸せだよね」そんなふうにして、ときどき人生のバランス論をかみしめながら、毎日を上手く生きていたんじゃないかと思う。いまの若い人たちも結構大変な状況のようだけど、日本が貧乏国だった時代のこんな知恵を少し借りた方がいいんじゃないかな。

高田純次の名言|言い訳しながら毎日を上手く生きる


第一三共は個人の力はトップクラスです。あとは組織の力をつけることです。組織として学習したり、戦略立案、実行力をあげていきます。一般的な方法論はありません。それぞれ仕事をやりながら、あるいは人とぶつかりながら、何かを発見していくのだろうと思っています。

中山讓治の名言|人とぶつかりながら発見していく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ