大前研一の名言|参謀の仕事とは

仕えた大将をヒーローにするのが参謀の仕事だと私は考えている。「この人はこんなことができたら素敵だな」と思うことを提案するのだ。私にとって損か得か、あるいはコンサルタント会社であれば会社にとって損か得か、次の仕事につながるかとか、そういうことは一切関係ない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

疲れは溜まれば溜まるほど、回復しにくくなる。

自分の失敗からは学べないもの。人間は、自分のことは客観的に見られないものですから。でも、他人のことならよくわかる。だから他人の失敗から学んだほうがいい。

企業だけで閉じた研究開発はもう古い。強い部分は閉じ、弱い部分はみんなで協力して早く進める「オープン&クローズ戦略」が必要。

僕が思うに、お金は不足がなければそれでいい。何かやりたいことがあって、そのためにお金が不足しているなら、その分を稼げばいいんです。

「自分の仕事はチームを助けること」という気持ちを常に持つことが大事。

むしろ今ある商品をいかにもっとおいしくするかが大切。

偶然を計画的に導く5つの行動方針

  1. 好奇心……新しい学習の機会を絶えず模索し続ける。
  2. 持続性……失敗しても諦めずに努力し続ける。
  3. 楽観性……「必ず実現」する、「可能になる」とポジティブに考える。
  4. 柔軟性……こだわりを捨て「信念」「態度」「行動」を変える。
  5. 冒険心……結果が不確実でもリスクをとって行動を起こす。

相手の長話を切り上げたいときは、「謝罪」「理由」「代替案」を伝えるとよいでしょう。たとえば、「ごめんなさい。用事を頼まれているのであまり時間がありません。続きはぜひ明日聞かせてください」のように言ってみてはどうでしょう。理由としては「気乗りしない」「興味がない」といった内的要因ではなく、「終電がなくなる」「人との約束がある」といった外的要因にしたほうが、相手の気分を害さずにすみます。

先生が生徒と全力で向き合い、薫製(くんせい)をつくるかのように、燻(いぶ)し染み込ませていく「薫育」。これこそが、本当の教育。

いまの数字には全く納得していません。新興国がこれだけ成長しているのに、売上(今3月期計画で1兆1500億円)が以前と変わっていない。2倍あってもおかしくない。食は間違いなく成長産業です。アジアが工業化すれば農業の人手がなくなるから、機械化が進む。今後が楽しみです。

ページの先頭へ