大前研一の名言|参謀の仕事とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕えた大将をヒーローにするのが参謀の仕事だと私は考えている。「この人はこんなことができたら素敵だな」と思うことを提案するのだ。私にとって損か得か、あるいはコンサルタント会社であれば会社にとって損か得か、次の仕事につながるかとか、そういうことは一切関係ない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間は仕事をしているときに時間を忘れて熱中する状態になりやすく、余暇時間に空虚感を感じてしまう傾向があります。気分が乗らないから仕事にとりかかれないというのは、本人の錯覚以外の何ものでもありません。いったん仕事にとりかかれば、自然と楽しくなってくるのが人間なのです。

経験の浅い部下は視野が狭く、自分の目の前の仕事のことしかわかりません。そのため、それぞれが部分最適に終始して、全体として非効率に陥ることがよくあります。これを避けるには、図で仕事の全体像を見せてから、「この部分を君に頼むよ」と仕事を任せることです。こうすれば、部下が見当違いの方向に進むリスクを減らせるので、結果歴に上司の仕事も早く進みます。

定例会議をなくしました。会議が必要になれば、その時その場でやって決めればいい。毎週、定例会議を開く場合、決めるべきことがあっても定例会議まで待たなければならないし、そこで決まらなければ、また1週間後を待つことになってしまう。議題がなくても開かれるなど、会議が形骸化している場合も少なくない。必要な時にとことん話し合って決めればいいのです。

斬新なアイデアを次々と出す人などほぼいない。一発ですごいアイデアを出すのは、一握りの天才だけ。普通の人は、アイデアを20~30個出したうち、面白いアイデアが1つか2つあれば、上出来でしょう。ですから、「斬新なアイデアがすぐ出てこない」と思い悩む必要はまったくありません。平凡でも、つまらなくても良いので、とにかくたくさんのアイデアを出すことです。

中津川は何の取りえもない日本の平均的な田舎。ここでのノウハウは、全国の田舎に展開できる可能性がある。生活の中で、皆に使われるものを開発していきたい。

本当の幸福とは何か。ブッダは「褒められても心が浮つくことなく、非難されても決して落ち込むことなく、心が平静でいられるのが幸せである」と言っています。心が波打つ苦しみから解放されて、穏やかに安らいでいる状態。それが万人に共通する最高の幸せだと言います。

傷の疼きを感じたことのない者だけが、他人の傷痕を見てあざ笑う。

ページの先頭へ