大前研一の名言|手をこまねいていると気が付いたときには危機的な状況ということにもなりかねない

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業経営を取り巻く環境の変化は激しく、手をこまねいていると気が付いたときには危機的な状況ということにもなりかねない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

メガチップスは当初から、生産工場を持たない研究開発に特化した「ファブレスメーカー」という形態をとっていました。いまでこそ、ファブレスメーカーは当たり前になっていますが、私が起業したころは、まだまだ大企業による標準LSIの大量生産が花形でした。「生産工場を持たない会社なんて100パーセント失敗する」と言われたものです。「気が狂っている」と言われたこともあります。

価値の転換をしなければ、このままでは日本の将来世代は大変になる。「仕事がなければ、自ら会社をつくる」という若い起業家たちを育てる環境が必要です。

企業が儲からなかったら税金は払わない、月給も払えない、設備投資もできない。何もできません。いいことはひとつもありませんよ。

禅の修行では、よく「徳を積め」と言われるが、この徳とは一般の社会で考えられている善行とはかなりニュアンスが異なる。禅的な徳とは、「○○のために」という要素をまったく含んでいない行いのことを指す。自由な心の持ち主は、人が見ているところでも、見ていないところでも、ただ、行うのみだ。電車のドアが開いてお年寄りが乗り込んできたら、パッと席を立つ。いい人だと思われたいから立つのではない。まして、席を譲ったのに礼を言わないなどといって憤慨することなど、ありえない。周囲の人からどう思われようと、感謝されようとされまいと、ただ、パッと席を立つのみである。それが禅的な徳であり、真に自由な境地なのである。

自分のレベルを上げるためには、刺激を受けられる環境に身を置くのがすごく有効。

「ノートの中にすべての情報を一元化する」というやり方に行き着いたのも、やはり活用することが大事と考えたからです。毎朝、新聞を読んでいても、受け身のままでは内容を活用することができません。大事なのはいろんな情報を有機的につなげながら、「なるほど」とか「いや、俺はこう思う」という自分の反応だと思うのです。

面白い話をするとなると、ジョークや落語家がやるような定番の噺を頭にたたき込んで、それをうまく演じきることだ、と考えるかもしれません。ですが、さすがにそれは一般的には難しすぎます。多くの人は構えすぎて、言葉が自然に出てこないのではないでしょうか。では、誰もが自然に話せるネタは何かといえば、その人の実体験です。そしてその実体験が、失敗談であったり、自虐ネタにつながるようなものであれば、かなりの確率で笑ってもらえます。

ページの先頭へ