大前研一の名言|手をこまねいていると気が付いたときには危機的な状況ということにもなりかねない

企業経営を取り巻く環境の変化は激しく、手をこまねいていると気が付いたときには危機的な状況ということにもなりかねない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

低次元な夢でいいのだろうか、という心配は無用です。はじめは小さな夢でも、それをクリアしようと進むうちに、次々に新しい夢が湧きあがってきます。まずは歩きはじめることで大きく成長するのです。

渡邉美樹の名言・格言|はじめは小さい夢でいい


前職の楽天で、仕事を120%やっていたつもりでいたのに「やり切れていない。150%やってみて、結果がそこまで届かなくても、100%は絶対割るな。それができるまでやり切れ」と上司に指摘されて。そこまでやることの是非はともかく、「どんな仕事もとことんやる」という信念は身に付きました。

杉本隆一郎の名言|どんな仕事もとことんやる


新しいことに挑戦するときには、いくら考えても、準備をしても、やってみないとわからないことのほうが圧倒的に多い。

出雲充の名言|新しいことに挑戦をするときは、やってみないとわからないことの方が圧倒的に多い


多様な個性を持つ社員たちをまとめるには、人や組織の内面を深く理解しなければならない。

松井忠三の名言|人や組織の内面を深く理解しなければならない


人間の一生で合点のいかないことが多いのは当然であり、運が悪ければ風呂から出ようとして転び、金玉を潰して死ぬという不運に見舞われる者もいる。そんな者に比べれば、私などは運が強く、どれだけ死にそうな場面に遭遇しても死ぬことはなく、たとえ自分から死のうと思っても生きなければならない状況になってしまう。

坂本龍馬の名言|人生はどうなるかわからない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ