大前研一の名言|参謀のアイデアを速やかに実行できる大将は少ない

参謀が戦略やアイデアを授けても、それを速やかに実行に移せる大将というのは、実はそうはいない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ゴールドマン・サックスやマッキンゼーの社員は、皆一様に白いシャツ(または無地の薄いブルー)にダークスーツという、まるで制服のような驚くほど没個性な服装が特徴。彼らが外見で重視しているのは、あくまでも「清潔感」。決して「個性」を強調するものではありません。

何事もやってみないとわからない。「面白い発想がしたいなぁ」と思っているだけでは何も生まれない。他人が何を面白いと思うのかなんて、試してみないとわかりませんよ。だから、とにかくしゃべるし、やってみる。そうしなければ、自分を変えることはできないんじゃないでしょうか。

複眼でものを見よ。

その人がなぜそう思うのか、深いところまで考えるのが好きなんです。だから、ただ占って終わりにしないで、相手によって答え方を変えることもできる。

これからの時代に生き残れるのは、他の人と替えることができない能力を持った「希少性の高い人材」。どうすればそうした人材になれるかを意識しながら、キャリアを積み重ねることが大事。

性格的な強みを発揮するのに大事なことは、その強みをいつも頭に入れつつ、毎日1回は自分らしい新しいやり方で関連する何事かに取り組んでみることだ。それをせずに、ただ漫然と日常生活を送っているとしたら、たぶんいま以上に強みを発揮することはできないだろう。

ずっと使える印象的なひと言も用意しておくといいですね。「○○の話をしていた人だな」「いつも○○の話をする子だな」と憶えてもらえる。これは、スポーツ選手の得意技と同じです。たとえば柔道の選手で、一本背負いが得意技だとする。一本背負いに持ち込めたときには当然勝てる。同時に、相手が一本背負いを警戒しているからこそ他の技を決めやすくなることもある。同じように、コミュニケーションにおいても得意技を準備しておきましょうということです。

私が最も大事だと考えているのは、実は中期的な開発です。多くの企業でありがちなのは、目先の製品とロングタームの最新技術にばかり労力を注ぐケースです。2年くらいのスパンの中間的な開発に人やお金を割くのを忘れてしまうのです。

日本人が鑑定し、値付けしていることへの信頼性もありますが、アジアでは「大黒屋」が1つのブランドともなっており、うちの販売タグが付いていれば、それだけで信用されます。万が一にも偽物だったら、買い戻しの保証もあります。

また会いたい人には、すぐ手紙を書きます。「この間名刺交換させていただいた内田です。是非またお会いしたいです」と。そして3日後には電話します。

ページの先頭へ