大前研一の名言|参謀のアイデアを速やかに実行できる大将は少ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

参謀が戦略やアイデアを授けても、それを速やかに実行に移せる大将というのは、実はそうはいない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社を1つにまとめて職務を実行していくためには、行動できるような内容にして伝えていかなければいけない。聞いた途端にわかる指示じゃないと誰も動かないし、行動しなければ意味がない。

必ず握手をすること。日本ではあまり握手を求める人がいないので、自分を強く印象づけたいときにおすすめです。

中国語の例ですが、当社の現地駐在員で、わずか1年で現地の人も驚くほど中国語が上達した人がいます。現地の人と直接やり取りして、上達すれば褒められる。そうなるとうれしいし、面白いからますます上達していきます。ビジネスにも広がりができて、仕事にも張りが出ると彼は言います。

会社がどのような規模であってもその時点で組織図をきっちり作れば、どの機能がどの程度足りないかが分かります。

PRの仕事では、私は外部のアドバイザーに過ぎず、役所や企業の担当者こそが主役。担当者がその気にならないものは、たとえ企画が通って実行されても、人々の話題になるほど大成功はしない。

ある上司と反りがなかなか合わなかったとき、私は部下力を発揮して、相手のあらゆる注文に先回りで応えました。「進めている案件の進捗や結果の報告」「取りかかろうとしている案件の方向性や内容の確認」。「報・連・相」、つまり「報告」「連絡」「相談」を徹底しました。だから、その上司に、「あの件、どうなってる?」と聞かれたことはありません。この作戦が見事に成功して、上司は私を非常に気に入ってくれました。上司が別の部署に栄転するたびに、私も呼ばれて同じ部署に異動です(笑)。そして惜しみなくサポートしてくれる味方、良き理解者になってくれました。

さかのぼれば、天皇家とともに虎屋が京都から東京に移ってきたのも、時の当主が時代を読んで決断した結果だと思うのです。

ページの先頭へ