大前研一の名言|「大前さんしかいない」と言ってくれなければやらない

コンサルティングでも、複数のコンサルタントを雇っている会社の仕事はしないことにしている。それから、「ウチの会社はこういうことがやりたいので、A社さん、B社さん、C社さん、提案書と見積書を出してください」という入札仕事も絶対にやらない。「大前さんしかいない」と言ってくれなければ、考え始めない。自分の人生の大切な時間を割いて、相手のために命がけで考える神聖な仕事である。量販店の売り物ではない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新分野に進出するようなとっぴな買収はやらない。あくまで今あるコア事業を地道に伸ばしていく。既に3000億円を超える買収案件のリストはできている。

「持論」と「理論」を往復して考えることが重要。いわば、「知の往復」をすることで、自分で考える力を身につけることが重要。

「いま、ここでやる」ことを心がけることで、無駄な時間を減らせます。たとえば、お客様に企画の提案を頼まれたとき、訪問したその日のうちに提出すれば、多少内容が粗くても速さで評価されます。しかし、一週間後に同じ内容の企画書を出せば、「一週間考えてこの内容か」と失望されかねません。すぐに提出していれば、時間を節約できたわけです。

リーダーには立ち上がり、バカにされる勇気が必要だ。

「大企業出身者が地道な仕事をどこまでやれるか」という疑いを解くため、まず自分で豆腐を作れるように、深夜まで職人さんと修業した。
【覚書き|雪印を辞め、妻の実家の相模屋に入社した当時を振り返っての発言】

他でやっているようなモノマネでは勝ち目がないし、意味がない。

組織にはいろいろな能力を持った人が集まっています。そうした人を生かさなければならない。その意味でも、意思決定を求められる時には、有能で、かつ懸案について実情を最もよく知っている人の意見を聞く。その姿勢を社長になってからも続けようと改めて胸に刻み、実行してきました。

日本はいま、社会的にも経済的にも厳しい状況にあります。従来経済をけん引してきたはずの製造業も、いまは苦しい立場に陥っています。この局面を乗り越えるには、創造性のスキルを身につけることが何より大切になってきているのです。

名刺はビジネスの結果であると同時にプロセスでもあります。だから、名刺の流れを分析していくと、「次はこの部署の誰にコンタクトを取ったほうがいい」といったことも見えてくる。それをAIが分析して提案するような機能をいま少しずつ試しています。

苦手な仕事に遭遇したら「これは自分を磨く研磨剤なのだ」と思って取り組んだ方が得です。

ページの先頭へ