大前研一の名言|「大前さんしかいない」と言ってくれなければやらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルティングでも、複数のコンサルタントを雇っている会社の仕事はしないことにしている。それから、「ウチの会社はこういうことがやりたいので、A社さん、B社さん、C社さん、提案書と見積書を出してください」という入札仕事も絶対にやらない。「大前さんしかいない」と言ってくれなければ、考え始めない。自分の人生の大切な時間を割いて、相手のために命がけで考える神聖な仕事である。量販店の売り物ではない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リーダーとは、フォロワーの服従・信頼・尊敬・協力を得るために生来的な天分または修養によるアート(技術)をもつ者の双方をいう。

残業をしないための仕組みとして行ったことは4つ。(1)全社員に定時退社を徹底する、(2)業務の棚卸と選別、(3)業務のシステム化、(4)アウトソーシング活用です。

私は結果に対する欲が、他の選手に比べて少なかった。「誰かと競い合う」より、「自分の限界に挑戦する」という意識の方が強かった。

人は自分が好きなことをするためなら、主体的に動くもの。

付加価値を生んでいかない限り、人件費も電気代も高い日本で、ビジネスはできない。

ある時期、何人かの不良少年を受け入れてきました。彼らを指導するのは、確かに骨の折れる仕事です。普通の社員と比べたら手間暇かかります。たとえば、元非行少年の場合は、定時に出勤するという習慣がなかなか身につきません。そこで、一時間遅刻する子なら「30分までは認めよう」とするのです。そういう配慮はしましたが、基本的に特別扱いはしていません。

串カツ田中の店は、味、価格、衛生管理、スタッフの元気などの特徴がいくつも層になっています。

ページの先頭へ