大前研一の名言|「大前さんしかいない」と言ってくれなければやらない

コンサルティングでも、複数のコンサルタントを雇っている会社の仕事はしないことにしている。それから、「ウチの会社はこういうことがやりたいので、A社さん、B社さん、C社さん、提案書と見積書を出してください」という入札仕事も絶対にやらない。「大前さんしかいない」と言ってくれなければ、考え始めない。自分の人生の大切な時間を割いて、相手のために命がけで考える神聖な仕事である。量販店の売り物ではない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

売上の10%くらいは税引前利益がなければ事業とはいえない。

稲盛和夫の名言|売上の10%くらいは税引前利益がなければ事業とはいえない。


せっかく笑顔で握手(合意)したわけですし、これはもう水に流すべき話。

片野坂真哉の名言|笑顔で握手したら水に流す


自己紹介のときに注意したいのは、伝えたい気持ちばかりが勝って長々と語ってしまうこと。これでは相手の集中力が途切れて興味を持たれません。大切なのは短さとユニークさ。「売れない中小企業のホームページをリニューアルする専門家の○○です」など、インパクトの強いキャッチフレーズを用意しておくと良いでしょう。

山口拓朗の名言|自己紹介のときに注意したいこと


「若輩者ですが」などといった日本語表現が示唆するように、日本人は何かと謙遜しがちです。謙遜は日本では美徳とされているかもしれませんが、外国人には通用しません。ビジネスにおいては、日本人はもう少し積極的に自分たちの良さをアピールし、組織にどのように貢献できるかを明確に伝えることが必要だと思います。

鈴木みゆきの名言|積極的に自分たちの良さをアピールすることの大切さ


「何でこんな些細なことで文句をいってくるんだろう」という苦情には、裏に重大な本音が隠されている場合があると思った方がいいですね。

関根眞一の名言|些細な苦情の裏に重大な本音が隠れている


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ