大前研一の名言|「大前さんしかいない」と言ってくれなければやらない

コンサルティングでも、複数のコンサルタントを雇っている会社の仕事はしないことにしている。それから、「ウチの会社はこういうことがやりたいので、A社さん、B社さん、C社さん、提案書と見積書を出してください」という入札仕事も絶対にやらない。「大前さんしかいない」と言ってくれなければ、考え始めない。自分の人生の大切な時間を割いて、相手のために命がけで考える神聖な仕事である。量販店の売り物ではない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

伝統的な江戸前ずしだけでは鮮度やバラエティー感を表現するのに限界があるため、オリジナルのネタも多い。銚子丸のメニュー数はグランドメニューと期間限定、日替わりメニューなどを合わせると常時100種類に上る。これも全て、お客様にワクワク感を持ってもらうための施策だ。


自分のことを認めてほしいと思う以前に、相手を認めてあげないといけない。


顧客、従業員、取引先、社会、そして政府当局のどこか一つでも不満を抱えていては、株主も幸せにはなれない。


ページの先頭へ