森俊憲の名言|筋肉は身体の組織の中で唯一、加齢に抗える

このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉は加齢によって減ってきますが、逆に筋肉は身体の組織の中で唯一、加齢に抗えるとも言われています。90歳の人でも、トレーニングをすれば筋繊維が太くなることがわかっています。若いほうが効果が出やすいのは確かですが、始めるのに遅すぎることはありません。人生で一番若いのは「今」なのですから。


森俊憲 の経歴

森俊憲、もり・としのり。日本のボディデザイナー。福岡県出身。西南学院大学卒業後、京セラで約10年商品企画業務に携わる。その後、ボーダフォン(のちのソフトバンクモバイル)勤務を経て、体型管理カウンセリングやパーソナルトレーニング指導の「ボディクエスト」を開業。著書に『読む筋トレ』『へやトレ』『人生を変える筋トレ』『へやトレ実践ノート』『部屋トレ肉体鍛錬術』『体脂肪燃焼術』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

健康は体のコンディションの問題ではなく、心の問題である。

いつ死ぬかは誰もコントロールできない。これはもう、しょうがないですね。「命は天にあり」です。でも、「体は我にあり」で健康管理は疎かにできません。

多くの人が「運動する時間などない」と考えがちだが、これは何ともゆがんだ考え方だ。効果的な運動に要求される時間とは、一週間のうち3時間から6時間。一日おきに30分費やせばいいのである。それが残りの162時間から165時間の生活にどれだけ大きな好影響を及ぼすかを考えれば、こんなに効率の良い投資はほかにない。

不健康、早く老いることの原因は、肉体より精神にあります。精神に感激性のなくなることにあります。ものに感じなくなる、身辺の雑事、日常の俗務意外に感じなくなる、向上の大事に感激性を持たなくなる。これが一番いけません。無心無欲はそういう感激の生活から来るもので、低俗な雑駁(ざっぱく)から解脱することに他なりません。

いつのころからか、私は「この日、この空、この私」と書くようになった。人生、考え出せば、悩みだせば、きりがない。「この日、この空、この私」といった気持ちで生きるしかないのではないか、と。

健康だけではなく、自律神経が整っていてこそ、持っている力を発揮できる。

身体とメンタルは深くつながっています。身体が不調なら心も不調に、身体が健康になれば心も健康になります。

ページの先頭へ