松岡修造の名言|叱るコツ

叱るべきときはきちんと叱ることが重要です。叱るとは感情的になって怒り散らすことではありません。僕が叱るというボタンを押すのは、褒める言葉や自信をつける言葉とワンセットにして、今叱ればその人が確実に成長できると判断したうえです。叱ることで何を気づかせるかを見据えたうえで叱るべきなのです。

松岡修造 の経歴

松岡修造、まつおか・しゅうぞう。日本のプロテニスプレーヤー。東京出身。10歳からテニスを開始。高校3年で単身渡米しプロに転向。95年全英ランキングベスト8に入る。世界ランキング46位まで上り詰める。両膝の半月板損傷、足首の靱帯断裂など大きな病気やけがをしつつも果敢に戦い抜いた。日本男子プロテニス界を代表するプレーヤー。引退後は後進の指導をしつつ、明るく元気なキャラクターを活かしテレビなどでタレントとして活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

叱るときは直接伝えるべきです。間接的に伝えようとすると、言葉だけが一人歩きして真意が伝わらないおそれがあります。直接なら表情や言葉遣いも含めて表現できるので、誤解が生じにくいはずです。

松井忠三の名言|叱るときは直接


部下の叱り方のコツとして、私は管理職セミナーなどで「かりてきたネコ」の原則を紹介している。
 か……感情的にならない。
 り……理由を話す。
 て……手短に。
 き……キャラクター(性格や人格)に触れない。
 た……他人と比較しない。
 ネ……根に持たない。
 コ……個別に叱る。

渡部卓の名言|部下を叱るコツは「かりてきたネコ」


叱るのは、決まった期限を守らないとか、遅刻してきたとか、基本的なことができていない場合だけです。叱るときにもう一つ意識しているのは、どれだけ叱っても、その場限りにすることです。

桑原豊の名言|叱るときに大切なこと


小さな過ちを取り上げてたびたび折檻していたのでは、ついにはその効力を失って、平気になってしまうものだ。『呂氏春秋』の中に、「命令が苛酷にすぎれば聴かれず、禁事が多きにすぎれば行なわれない』という言葉があって、手加減のむずかしさが、問題にされている。

武田信繁の名言|叱るときの注意点


部下が自分の役割として、すべきことをしていないとき、いい加減に取り組んで判断を間違えたときは、真剣に叱りました。チームとしていい方向に導き、目標を達成するという使命がありますから。当時の部下から「怖かった」と言われます。

川村誠の名言|目標を達成する使命に従って叱る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ