大成建設「工場十訓」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大成建設「工場十訓」

  1. 始めこそ準備の甲斐はあるものを 手後れするな思案第一
  2. 大局は忘れがちになりこころせよ されど小事に油断せずして
  3. 親切に真心込めてはたらけば 渡る世間はみな仏なり
  4. 責任はおもきものなり 後の世にのこる仕事の恥をさらすな
  5. 職工は仕事の宝こころして けがわずらいをさせぬ用心
  6. 上下のへだてはあれどまんまるく 規律のうちに仲をよくして
  7. 何事も工夫こらして進めかし 無駄をはぶけば上下繁昌
  8. 順序よくものととのへば自から よき働きは進めこそすれ
  9. 約束を守るところに信用の 花は咲くなり実は結ぶなり
  10. 終わりこそ大事なりけり丁寧に 清めてわたし跡をにごすな

家訓・社是・社訓・経営理念 の経歴

家訓や企業の標語・経営理念。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下は口頭だけではなく、書面でもウソをつこうとするもの。そのため、私は報告書の数字を鵜呑みにしないよう気をつけていました。

入社2年目に、上司に(財)微生物化学研究会に出向しろと言われたときは、正直言って「自分は会社に必要とされていないのか」と悩みました。でも今になってみると、あれは社外の人と交わるまたとないチャンスでした。若い研究者は社内に閉じこもらず、どんどん外の空気に触れるべきだと思います。

信頼を築く目的は、一緒に何かをするためですよね。だから、一緒に成し遂げたいことを具体的にイメージすれば、相手が絞り込めます。もちろん、「自分と十分にコミュニケーションが取れていない人」という基準で選んでも全く構いません。

新しいAクラス自体が、単にメルセデス・ベンツのエンブレムをつけただけの小型車ではない。しっかりとメルセデス・ベンツのテクノロジーが移植された本物です。ドイツ人は頑固ですから、そういう哲学は非常にしっかりしています。

会議やプレゼンを楽しい場にする。僕は会議で、しょっちゅう冗談を言っています。会議は、正しい目的、あるいはソリューションに到達するための場と思いがちですよね。特に日本人はそう。ですが、会議を1時間するんだったら、つまらない会議になんてしたくない。時に冗談を交えながら、1時間を楽しく過ごせた方がいいわけです。欧米人、中国人は、会議を楽しくしようとします。ここは、日本人が不得意とするところですね。

それにつけても思うのは、門地も学歴もなかった私を、よく拾い上げ、恐ろしい危機から救い出してくれた、いくたりかの恩人のことである。終始ヘマばかりやり、気も変われば、くじけそうになった私を助けて、今日まで押し上げてくれた、よき協力者のことである。私はいま感謝の念をひとしお深くするとともに、わが身の幸せをつくづく感じている。

不思議なもので、お金というものは追うと逃げていくという性質があるようです。もちろん、年収3000万円になるといったビジョンを持つことは結構なのですが、お金を稼ぐことを直接の目的にしてしまうと、上手くいかないことが多いのです。

子供向けのバレーボール教室で教えていても、最初から答えを知りたがる子供が多いように思います。その際には、やはり自分で考えるよう仕向けることが大事だと考えています。

つまんなくなっちゃうのよ、思い通りになっちゃうと。思い通りにならないというか、ドラマが勝手にアメーバのように動き出す方が、描いていて面白い。

「エゴイストになれ」。これは療養所の先輩に言われた言葉で、今もよく覚えています。親に迷惑をかけているなんて思わずに、とにかく病気を治すことだけに専念しろ。あれこれ悩むのではなく無神経なエゴイストになって、自分のことだけ考えろ、という意味です。それで救われたというほど、事は単純ではないのですが、この言葉は心に突き刺さりました。「他人は他人、自分は自分」と割り切ることも大事だと納得しました。

ページの先頭へ