稲盛和夫の名言|人間は、たとえ年を取っても考え方は変えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は、たとえ年を取っても考え方は変えられる。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まず志を持っていること。また自社の本業を熱っぽく語れるような経営者でないといけません。よく時価総額経営を言う人がいますが、私は間違っていると思います。時価総額世界一なんて言うのはおかしい。時価総額は結果であって、それを目標にするものではありません。

情報ソースの見直しを続けていると、自分自身のテーマというのは次第に明確になってきます。私自身、その効果を実感したことがあり、いまでも2カ月に一度は見直しを行なっています。

人間誰しも悩みや課題、困っていることなど、いくつも抱えているものだ。お金持ちとて例外ではない。いや、彼らほど、深刻なテーマで悩んでいる立場の人たちはいないと言っていい。

漫画家が読者の意見を端から聞いて、その通りに描いても読者は喜ばないし、支持もされないでしょう。読者は何が面白いのか、じつは自分でもよくわかっていません。それを想像して描けるのが、優秀な漫画家なのです。けれども、それは読者と目線が同じというのとは少し違います。売れっ子の漫画家って、朝から晩まで机に噛り付くような生活ですけど、そんな読者はいないじゃないですか。つまり、自分の感覚とは違うものが想像できてつくれなくてはならない。僕が自分のところに求めているのは、まさにこういう能力です。

僕の場合、ひらめきが得られるのは、体を動かしているときと、さまざまな職業や年代の人と会話しているときです。

元手をかけずにビジネスを始めれば、うまくいかなかったとしても、失うものはごくわずかな時間とお金で済みます。これはリスクと呼ぶほどのものではありません。

人間関係について会社だけという状況は危険です。仕事で思いつめたら、それを相談できるようなプライベートの人間関係はきちんと継続しておきたいところです。週に2日休みがあるなら、1日は本当に会いたい人と会うために使った方がいいでしょう。とにかく親身になって話を聞いてくれる人との時間を絶やさないことが重要です。

ページの先頭へ