稲盛和夫の名言|命題を持てば、生き方はおのずと変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は大きな命題を持って生きるべきなんです。そして命題を持てば、生き方はおのずと変わってきます。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

福寿園の歴史を振り返ると、その時代に価値ある企業であったからこそ、生き残ってきたのだ。単に守るのではなく、その時代に価値あるものを提供してきたからこそ今日がある。

当社が気をつけているのは、チェーン店でありながらも、個人経営のような雰囲気のラーメン店のパッケージにするということ。

自分たちが100%のこだわりを持って作ったうえでの失敗と、多少妥協をしながら作った結果の失敗とでは、失敗の質がまったく違います。前者だと素直に反省できますが、後者だと、妥協した点に原因を求めようとして、反省できなくなるのです。常に、自分たちにとっては100%だと思える自信作を作り続けていないと、カンは養われないと思います。

20~30代では、知識やスキルを身につけ、キャリア形成することがビジネスパーソンの本分だと思っていました。しかし、部下を持ち、マネジメントする立場になるキャリアの後半戦では、知識やスキルだけでなく、人としての器や徳、いわゆる「EQ(心の知能指数)」が重要になってきます。

Aの案件を終わらせてから、次にBの案件にいくというのは、大変危険で非合理的。同時にやっているとBをやっているときにでも、脳は無意識にAを考えている。だからアイデアを思いつく可能性が倍になるのです。

行った先の国によっては驚かされることがたくさんあります。日本ではあたりまえと思うことも、外に出ればあたりまえとは限らない。全然ルールが違う国もある。正しいことはひとつじゃない。

私のオフィスには少人数のスタッフしかいませんが、たとえば、私は日ごろから冗談を言ったりして、部下との間にあるバリアを低くするよう心がけています。「人は幸せについてくる」が私の持論なんですが、部下でも恋人でも、人は幸せになれると思ったら、その人についていく。そのベースにあるのが信頼関係なんです。

ページの先頭へ