稲盛和夫の名言|自分の能力が無限に発展すると信じることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の能力は未来進行形で発展します。たとえ今は実現できなくても、1年後、2年後に実現するつもりで努力を重ね、勉強をすれば必ず成長する。そのためにはまず、自分の能力が無限に発展すると信じることです。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

価格体系の在り方は、資本・労働・租税・社会貢献までトータルに含めた「フルコスト主義」で考えるべき。

どうしてもメダルが欲しかった私は、リレー合宿のミーティングで自分からメンバーにお願いした。「引退するまでに、どうか僕にメダルを獲らせてくれ」と。後輩を引っ張るベテランが、こんなお願いをするのはかっこよくないかもしれません。でも「どうしてもメダルを獲りたい」どいう素直な気持ちを伝えたことで、私の「本気度」が伝わり、メンバーの心に火をつけました。

採用時に学生に説明しているのは、働くとは傍(はた)を楽にすること、つまり自分以外の誰かを楽にすることが「はたらく(傍楽)」ことだよと。「自分以外の誰かを楽にすること=働く」であって、単なる生活費を稼ぐ利己的なものではないということ。

投資というのは、ある企業を多くの人がどう評価していくかを想像すること。その力がある人がリターンを上げやすい。いざという時に客観的に判断するには、自分の中に複数の人格を持っておくことが必要。

私が、慶應義塾大学経営大学院の教授を辞め、「イー・アクセス」を創業した理由は、一つには巨大な流れとなるインターネットの魅力に抗することができなかったからですが、もう一つは、そうすることが必ず世の中のためになるという大義があったからです。

よくいわれる精度などの細部に対するこだわりだけでなく、商品トータルとしての「圧倒的な完成度」に対するこだわりが、多くの日本メーカーに欠けてはいないだろうか。

安定感こそが一流のビジネスマンの最大の条件。納期やアポイントも同じです。約束にほんの5分遅れただけで、実害がなかったとしても、周囲には不安感をまき散らすことになります。こういう小さなことに配慮できない人は、まず成功しないでしょう。

ページの先頭へ