稲盛和夫の名言|非常に強い思いが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が創業した京セラは、もともとは中小零細企業です。私は、社員が希望を持てる会社にしたいという一心でやってきました。それには何が大事かというと「思い」です。それも非常に強い思いが必要になる。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

希望が持てないのは昔だって一緒。でも毎日、今起きていることに真剣に取り組むことによって、希望が見えてくる。

若い人は少しずつ変わってきておるよ。だから希望は持っている。

今、就活中だったり、転職を考えている人には、「すべて希望通りの会社を求めるな」と言いたい。そんな都合のいい会社なんてないんだから。希望通りに見えても、現実にはそうはいかないことが、いろいろある。それよりも、自分で事業内容を変えればいいんです。例えば、今、いい待遇の会社に入るのは、先輩たちが築いた遺産の分け前を受け取っているわけでしょう。これからどうなるか分からない。それより、自分たちで切り開く方がいいじゃないですか。

高いところまで登れば登るほど、景色はよくなりますし、いろんなものが見えてきます。この先の希望は大きいです。

生きていると言えるのは、お前の今日が明日を持っている時だけだ。

コーチングの概念を日本に広めた立役者で、PHP研究所顧問の星雄一さんという人がいます。星さんは同社で専務になるまで計9回部署を変わりましたが、希望が通ったのは最初の営業配属だけだったそうです。会社の命令だから文句を言っても仕方ない。星さんは与えられえた仕事をこなし、新しい部署で毎回成果をあげて最年少で役員に昇進しました。

計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

ページの先頭へ