稲盛和夫の名言|思いが人生を形作る

このエントリーをはてなブックマークに追加

思いが人生を形作ります。現在の自らの状況は、その人が思い続けてきた結果です。現状に満足していなくても、それはその人の思いの集積なのです。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他人より短い人生であるならば、他人の2倍の速さで人生を駆け抜けよう。
【覚書き|祖父、父がともに42歳で亡くなっており、遺伝的に短命なのではないかと思い至ったときに誓った言葉】

優位性の乏しい中堅企業でも、勝てると信じ込むことができれば、大胆に戦うことができます。そうした思い込みを社員に植え付けるのが、宗教指導者たる経営者の役割だと思うのです。

PB(プライベートブランド)が普及し、お菓子そのものの個性が失われる中で、我々は企業がそれぞれに抱えている課題を解決するためのパッケージやお菓子の企画に専念してきた。いまだからこそ、このメディアが企業のブランディング向上に寄与できると考えている。

一般の人々をお客様とする弁護士としてスタートしたものの、市民社会のニーズへの適合の仕方が分からず、迷っていたとき、米国のプロフェッショナルマーケティングの翻訳本に出合い、それをきちんと習得しようと産業能率大学のMBAコースへ進学したのです。40歳を過ぎてからでしたが、大学教授を目指す人などいろいろな人との出会いもあり、実り多かった。

米国流の経営と日本的な経営を両立させることが肝だと考えています。

その上司は、僕の2年間の在米中、一度も声を荒げたことがなく、常に褒めてくれました。僕が何か判断すると、これはいいねえ、君じゃなければできないね、と。そう言われると人間って、すごく頑張るんです。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツの米国本社勤務をしていたときのアメリカ人上司について語った言葉】

従来のように街中でダダで配っても拡散はしない。金を払ってわざわざ手に入れた消費者が、オピニオンリーダーとしてSNSなどで拡散してくれるから影響が大きい。

ページの先頭へ