奥田務の名言|経営改革の行き着くところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営改革とは、行き着くところは、時代や消費者の変化を先取りして、企業のあり方や企業文化、働く人の意識を変え続けていくことです。


奥田務 の経歴

奥田務、おくだ・つとむ。日本の経営者。J・フロントリテイリング会長。三重県津市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、当時日本一の百貨店だった大丸へ入社。30代半ばでニューヨーク州立大学へ留学。その後、大丸オーストラリア法人の社長、本社取締役を経て社長・会長に就任。その後、松坂屋との合併で誕生したJ・フロントリテイリングの会長兼CEO(最高経営責任者)を務めた。そのほか、関西経済同友会代表幹事、政府の21世紀臨調顧問会議代表、関西経済連合会副会長、毎日放送監査役、りそなHD取締役などを務めた。兄はトヨタ社長・経団連会長の奥田碩、祖父は戦前まで三重県最大だった証券会社を作った奥田喜一郎。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

明日描く絵が一番素晴らしい。

同じ商品でも、新しい飲み方を提案すれば、需要を掘り起こせる。

現場に近いところにいれば、どんなに問題が大きくても正しい判断が下せます。迷ったら現場に戻るのが鉄則です。社長時代の私も、それを実践していました。

私は企業をひとつの小さな「國」だと考えています。國という漢字は、3つの要素から成り立っています。外側の四角は領土を意味し、「戈」はそれを守るための武力を象徴しています。そして左下の「口」は国民のことです。国家の定義はつまり、武力で自国の国民と領土を守ること。かつては戦闘機などが重要でしたが、今はサイバー空間での防衛も考えないといけません。

特に大切なのは、人としての倫理、そして企業としての理念の双方が、会社の隅々まで一人ひとりの心の中に染み込んでいることだ。そうなれば、社員の品性・知性・感性が磨かれ、人格も人相もよくなってくるばかりでなく、企業の社格と社相、すなわち企業価値も向上する。

じつは当時のグループ3社(ネイバー、NHNジャパン、ライブドア)はみんな負け組だったんです。リソースをかけて大きな勝負をすべきだということになり、2010年に今後はスマートフォンしかやらないという決断を全グループでしました。その中で生まれたのがLINEです。

じつのところ、消費者は自分の欲しい商品をよくわかっていない場合が多いのです。仮に消費者に「テレビとラジオが一緒になった製品は便利だと思いますか」と質問したとします。リサーチの結果は、便利と答える人が多いはずです。ところが実際にテレビ付きラジオを開発しても、まず売れないでしょう。機能を複合した商品は事前の調査結果ではいい結果が出ることが多いのですが、これまで複合機でよく売れた唯一の例はラジカセくらいのものでほとんどが失敗しています。

多くの株主は業績回復を待てるほど辛抱強くはないかもしれない。確かに悪材料で急落した後、株価が少し持ち直すことはある。しかしそんな企業と長く付き合うには、ほかのところで十分な利益を出せるくらいの余裕があるか、よほど辛抱強くなければ無理だ。

できる奴とできない奴、どこが違うかというと、毎日を1.01の力で生きるか、0.99で生きるか、実はこの差がデカい。ほんのわずかな違いですが、掛けていけば、一方はプラス、一方はマイナスになります。

考えはじめたらいろいろ心配なことはありますが、悩んだところでリスクが消えるわけではありません。それよりは、リスクをとると決めて入念に準備したほうがいい。

ページの先頭へ