奥田務の名言|経営改革の行き着くところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営改革とは、行き着くところは、時代や消費者の変化を先取りして、企業のあり方や企業文化、働く人の意識を変え続けていくことです。

奥田務 の経歴

奥田務、おくだ・つとむ。日本の経営者。J・フロントリテイリング会長。三重県津市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、当時日本一の百貨店だった大丸へ入社。30代半ばでニューヨーク州立大学へ留学。その後、大丸オーストラリア法人の社長、本社取締役を経て社長・会長に就任。その後、松坂屋との合併で誕生したJ・フロントリテイリングの会長兼CEO(最高経営責任者)を務めた。そのほか、関西経済同友会代表幹事、政府の21世紀臨調顧問会議代表、関西経済連合会副会長、毎日放送監査役、りそなHD取締役などを務めた。兄はトヨタ社長・経団連会長の奥田碩、祖父は戦前まで三重県最大だった証券会社を作った奥田喜一郎。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ