奥田務の名言|経営改革の行き着くところ

経営改革とは、行き着くところは、時代や消費者の変化を先取りして、企業のあり方や企業文化、働く人の意識を変え続けていくことです。

奥田務 の経歴

奥田務、おくだ・つとむ。日本の経営者。J・フロントリテイリング会長。三重県津市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、当時日本一の百貨店だった大丸へ入社。30代半ばでニューヨーク州立大学へ留学。その後、大丸オーストラリア法人の社長、本社取締役を経て社長・会長に就任。その後、松坂屋との合併で誕生したJ・フロントリテイリングの会長兼CEO(最高経営責任者)を務めた。そのほか、関西経済同友会代表幹事、政府の21世紀臨調顧問会議代表、関西経済連合会副会長、毎日放送監査役、りそなHD取締役などを務めた。兄はトヨタ社長・経団連会長の奥田碩、祖父は戦前まで三重県最大だった証券会社を作った奥田喜一郎。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成功するには、いい意味での鈍感さ、愚直さが必要。私は滋賀県の出身。近江商人の言葉で「運・鈍・根」という言葉があります。不器用にひとつのことを根気よく続ける。愚鈍に見えるかもしれないが、そういう人に運が向いてくる。

マーケットが下がるときはすべての銘柄が下がりますが、パニックがおさまって反転するときはすべてが上がるわけではなく、いい会社から買われて上がっていく。

大量生産で経験を積めば、いずれ品質も良くなっていく。必ずキャッチアップされる。同じカテゴリーの中で品質を向上させたくらいでは、根本的な解決には至らない。

外務省に出向してワシントンDCの日本大使館に勤務したとき、まさにウォーターゲート事件で揺れているころでした。私はこの機会にアメリカの汚職捜査の仕方を徹底的に学び取ろうと思いました。あの時期にアメリカに駐在し、司法省の高官たちと交流して、彼らの権力に対する毅然とした姿勢に触れ、法制度のありようを知ったことが、その後ロッキード事件で大いに役立つことになったわけですから、人生とは本当によくしたものです。

私は保有銘柄の名前を言わないことにしている。なぜなら、私が銘柄名を言うと、それを他の人々も買ってしまい、お買い得ではなくなってしまうからだ。結果的に、私の話を聞いた人も「買わなきゃよかった」ということになりかねないからね。

よく「論理的に話すこと」が重要といわれますが、それが適切かどうかは相手によって異なります。たとえば、相手が所属する部門の閉鎖を伝えるとき、結論を先にいい、ロジカルに話すことがベストな方法でしょうか。それよりも、感情に訴えたり、共感を示す話し方をしたほうが、相手に伝わることも多いはずです。いきなり「この部門は閉鎖します」と結論から先にいったら、相手は頭が真っ白になって、そのあとで理由や背景を説明されても、まったく耳に入らないでしょう。この場合は、会社がいかに厳しい状況にあるかを説明し、部門縮小はやむを得ぬ事情であることを順序だてて説明してから、最後に結論を伝えたほうが相手も納得するはずです。

ブッダの教えのひとつに「苦諦(くたい)」がある。一般的には、「人生は苦であると悟る」と解釈されているが、実は違う。苦諦とは、「『苦がある』ことと、『苦しんで生きる』ことは異なる」ということの看破である。すなわち、苦はあくまでも現象として生ずるものであり、私たちはそれに苛(さいな)まれて生きる必要はない。そうブッダは言い放ったのである。

価値の転換をしなければ、このままでは日本の将来世代は大変になる。「仕事がなければ、自ら会社をつくる」という若い起業家たちを育てる環境が必要です。

「今日中にこの仕事を終えられるだろうか」と不安や迷いを抱えたまま仕事を進めてしまっては、時間内で終わるはずの仕事も、終わらないのは当たり前です。この不安や迷いが思考の整理の邪魔をし、ほかの仕事の考え事をするときまで影響を及ぼしてしまうからです。不安や迷いは、思考スピードを滞らせる大きな原因です。

運動だけではなく、思考にも「体力」があり、それを鍛えなければ物事を考え抜く力が生まれない。

ページの先頭へ