中村天風の名言|本人が幸福だと思っているなら、不幸はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

本人が幸福化している以上は、不幸はありやしない。幸福というものは主観的断定だもの。


中村天風 の経歴

中村天風、なかむら・てんぷう。日本初のヨガ行者。東京都出身。旧制中学退学後陸軍の特殊工作員となり満州へ行く。日露戦争前に活躍し「人斬り天風」の異名をとった。その後、アメリカ、イギリスを経てインドに至り、インドヨーガの聖人カリアッパに弟子入りした。2年半の修業後、孫文の第二次辛亥革命を手伝った後、帰国し東京実業貯蔵銀行頭取などを務めた。その後、すべての財産を処分し天風会の前身である統一哲医学会を設立。政財界の実力者に大きな影響を与えた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グーグルでは夜中の3時から会議があったりしますからね。でも、グローバルなファンクションに携わっていればそれは仕方がないことですし、それを楽しめない人は、グーグルではやっていけないかもしれません。

「すぐやる」を組織に浸透させるためにまず大切なのは、社員に日々の具体的な仕事を通して理屈で納得させること。先ほど言ったように、なぜ速さが勝負を決めるのか、一秒、一分の遅れがどれだけのコストアップにつながるのかを、繰り返し社員に説明します。近ごろ私が「時間軸」と口にしない日はないし、メールで私が一番多く打っている単語も「時間軸」なのです。きっと、社員は耳にタコができていることでしょうね。

いまは、モチベーションの源泉が多様化しています。それにもかかわらず、いまだにお金やポストを社員のモチベーションを高める手段にしている会社や上司も多い。これは大きな問題だと思います。

健全な対人関係とは、互いに対等の人間として接していくことを指します。そのためにはまず、あなた自身が自分を認め、そのうえで相手と対等に、あるいは相手の立場に理解を示しながら、接していくことが大切。

輝ける未来のビジョンを描いてみせ、それを経営者から現場の社員、投資家にまで信じさせてしまう。それさえできれば、一気に形勢を逆転することが可能なのです。

私は、あなたが正しい手段で手にした資産を捨てろとは言わない。しかしその資産は、決してあなた自身のものではない。それは人々のために役立てることができるように、あなたに一時的に預けられているものだ。そのことを忘れてはならない。

成果を出せない人の特徴は、1時間のうち40分も悩んでいる。しかも、出口のない悩み方だったりする。できる人は悩んでいる時間があったらサッサと動いている。

明日緊急会見を開き、「野村は海外から全面撤退します」と発表すれば、格付けも株価も上がるだろう。確かにいま巣ごもりすれば、3~5年はいい。僕が今後、何年CEOをやるかわからないが、自分の在任期間だけを考えればそれでもいいかもしれない。しかし、10年先はない。

買い物が楽しいと思っていただけるお店になる。それがしまむらの目指すブランド化です。

時に立ち止まり、自分の仕事を振り返って、「今この仕事にどんな意味があるのか」「経営理念とこの仕事がどう結びついているのか」を考える。一人ひとりがそれを追求することで目の前の仕事が社会への貢献につながっていることが実感できれば、仕事に向き合う姿勢も変わってくる。

ページの先頭へ