ロバート・ドブキンの名言|これからもアナログ技術はゆっくりと進化してゆく

過去50年、デジタル技術は急速に進化してきました。それに対してアナログ技術は、とてもゆっくり進化してきました。これからもアナログ技術はゆっくりと進化してゆくと思います。

ロバート・ドブキン の経歴

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やることの明確化のためには、タスクを「チャンクダウン」することも大事。たとえば「起業」というタスクがあっても、何をすればいいのかがわかりませんから、どんどん先送りしてしまうでしょう。「起業に必要なスキルを学ぶために、スクールの説明会の日程をネットで調べる」というアクションなら具体的ですから、スケジュールに入れることができます。やるべきことの抽象度を落とすのです。

平本あきおの名言|やるべきことの抽象度を落とすことが大切


リーダーになろうという思いがあるならば、判断、決断が求められる。そして判断、決断の精度を上げていくためには、回数を増やすしかない。

松本大の名言|判断、決断の精度を上げていくためには、回数を増やすしかない


自分たちの力でどうにもならないことをあれこれ言うな。

塚本こなみの名言|自分たちの力でどうにもならないことをあれこれ言うな


子会社の基本的な経営はそこの社長にすべて任せています。昔は子会社の社長は本体の一部長という感じがありましたが、それではダメで自主独立していけと。

岡田裕介の名言|子会社の社長にすべて任せる


自分が話をしているときに相手が一生懸命メモをとりながら聞いていたら、話をよく聞いてくれているな、熱心だなと思いませんか?その印象が大切なのです。人は、いい印象を受けた相手とは長くつき合っていきたいと思うし、仕事を任せたいと思うものです。相手に好印象を与えるには身なりを整えたり、内面を磨いたりすることももちろん大切。しかしそれだけでは不十分で、その言動も好印象をもたれなければ相手からの信頼は得られません。そう考えると、みなさんも私のメモをとる姿を快く感じ、信頼してくださったのではないでしょうか。その結果、私には3500人もの人脈ができたのです。

林田正光の名言|好印象のために言動にも気を遣う


「看板」、つまりブランドというものをどう作ればいいのかは、あまりに複雑で得体が知れません。ただ、本質は「利益が残るかどうか」の一点に尽きると思います。利益が残るからこそ、ブランドは「のれん代」という資産になるのです。

蟻田剛毅の名言|利益が残るからこそ、ブランドは「のれん代」という資産になる


事業ドメインとして「健康寿命延伸業」と掲げています。そこから逆算し、ベストな目標設定は何かと考えた時にIPOでした。株式上場はあくまで通過点ですが、それによりブランディングでき、知名度が上がります。

小泉英一の名言|株式上場はあくまで通過点


一人で苦しんでいたなら、とっくに逃亡していたかもしれませんね。人との触れあいが私を支えてくれています。

井上真央の名言|人との触れあいが私を支えてくれています


ネーミングでオヤジギャグはものすごく大事にしています。だって、キャッチーだし、誰でもわかりやすいですから。富士宮と同じく、やきそばでまちおこしをしているのが秋田の横手市と群馬の太田市なんですが、3つの市が普通に「やきそばの食べ比べイベント」をやったって、地元のメディアが取材するくらいでしょう?でも「三者麺談」と銘打てば、全国にニュースが流れる。おまけに「三国同麺」という協定を市長が調印するとなれば、メディアの反応がまったく違う。言葉ひとつの効果は計り知れないわけです。

渡邉英彦の名言|オヤジギャグの威力


若い社員でもすごく面白いことを考えている場合もある。でも、そのアイデアや意見はどこかで止まって、上層部の耳まで届かない。あるいは、そういう人材の存在、アイデアが眠っているということさえ知らないマネジメント層がたくさんいる。組織内でフラットに意見を言い合えないことの代償は大きい。

トム・ケリーの名言|組織内でフラットに意見を言い合えないことの代償は大きい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ