ロバート・ドブキンの名言|アナログの得意な人はすぐに分かる

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターンシップに応募する学生を面接すれば、アナログの得意な人はすぐに分かります。優れているかどうかを試すために、学生に壊れたエレクトロニクス製品を渡して、直してくれと頼みます。回路を理解していれば、すぐに直せます。


ロバート・ドブキン の経歴

ロバート・ドブキン。米国のエンジニア、経営者。「リニアテクノロジー」創立者の一人。GEリエントリ・システムズ、フィブリック・ネクサス、ナショナル・セミコンダクターなどで技術者として活躍。その後、リニアテクノロジー設立に参画。同社のエンジニアリング担当副社長、CTO(最高技術責任者)を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。

異動をネガティブに捉えるのではなく、上司や会社に、自分に何を期待しているのかを確認するべきです。その際に、「今度の異動先で成果を出したら、私が希望する仕事をさせてもらえますか?」と尋ねてみてもいいでしょう。

情報交換、知り合うということが紛争をなくす一番の近道ではないか。

セブンイレブンを作った時も、銀行を始めた時も、業界内やマスコミから総スカンを食った。うまくいくなんて誰も言わなかった。でも私はそれをやってきた。人間は自分の頭の外のことは「無理」と思いがちだ。だが重要なのは世の中の矛盾に気づき、その壁に向かって挑戦できるかだ。成功体験にすがらなければ、人口減も成長の糧になる。それ以外の細かなやり方については、次のリーダーが私と違う手法でも構わない。

現在、1~2カ月に1度のペースで私が現場に行って若い人たちと意見交換をする「フロントミーティング」という場を設けています。

稼ぐ人の多くが自室も頻繁に整理整頓している。片づけは場所と時間を区切って、毎日少しずつやることが重要だ。片づけや掃除をこまめにやることが重要だ。片づけや掃除をこまめにやって、常に身辺を美しく保っている「几帳面」な人は、他者から見られていることへの意識が高く、自己管理がしっかりできていると言い換えることができるだろう。

我が社は1994年に伊勢丹企業理念を策定し、その中で「毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹」という企業スローガンを打ちだしました。時代を先取りする新鮮なファッションをいち早く発掘してお客様に提案し続けていくことが、伊勢丹の生き残る道であるという決意が込められています。

ページの先頭へ