鈴木敏文の名言|流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自らを、ビジネスモデルを含めて変えていかなければいけない。そうすると、次にくるのは次世代を見据えた新たなビジネス創出への挑戦です。

お客様の有限な時間を使っていただくという意味においては、いろいろなものと競合しております。お客様の面白いと思うものの中でトップグループにいられるかどうかが問題。

どれだけ入念に準備しても、成功するかどうかは当日までわからない。人事を尽くして天命を待つとはこのことです。

仕組み作りが面白い。

すべてを「自分の問題」と考えるから、最後まで逃げずに頑張り抜くことができる。

数字にすると、本部と代理店間のコミュケーションも今までより格段に良くなる。抽象的な議論は少なくなり、具体的な戦略・戦術・日々の活動の話がしやすくなる。

困難だからやろうとしないのではない。
やろうとしないから困難なのだ。

職場の人間関係は、一度こじれたら修復に10倍のパワーが必要。だからこそ、不毛なケンカは避けたいもの。言いたいことを言っても勝ち負けはあやふやにするというのが、オトナの怒り方の極意。相手に負けを感じさせる前に、スマートに撤収しましょう。

全国を回って気づいたことは、地域づくりが昔のジャイアンツになっているということです。四番ファーストタイプの選手ばかり集めて、チームとしてあまり機能していなかった。地域づくりも似たところがあって、主役しかいないんです。その結果、地域として機能していなくて、抱えている課題が放置されている。主役以外にもいろいろな人の力を借りるべきです。

転機かどうかは、その時にはなかなかわからないものですが、長期的な視野に立てば、見えてくることがある。

ページの先頭へ