ジェイ・エイブラハムの名言|ビジネスを大きくする方法は、たった3つしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスを大きくする方法は、たった3つしかありません。

  1. クライアントの数を増やす(顧客数増加)。
  2. クライアントあたりの取引の数を増やす(平均購入額増加)。
  3. クライアントの購買の頻度を増やす(平均購入回数増加)。

このことだけにポイントを絞ればいいのです。私はこの3つのポイントに対して、異業種からの手法を応用してクライアントを成功させてきました。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ソフトがハードを支配する。ソフトを磨けば世界を席巻できる。

新しい事業を創っていくのはすごいパワーが要る。普通に業務をこなしているのでは、とてもできない。そういう意味で、まず私を含めた社員みんなが、強い心を持たなければいけない。

凡人に非凡な業績をあげさせるのが組織である。

シェアでも売り上げでもなく、お客さまにとってのナンバーワンになる。この極めて野心的な目標を実現するには、社会の変化に応じた変革が欠かせない。

私は、スタートが得意です。よりスタートを強化していきたい。そして、無難なレースで3番になるくらいなら、スタートで飛ばして60mまではトップでいきたい。結果、順位が落ちたとしても、そのほうが自分らしいレースかな。

ヤーノシュ・シュタルケル先生は「educate」よりも「help」という単語を好んで使われましたが、優れた指導者とは、生徒の才能や長所をいち早く見いだし、それを伸ばして、彼らが自身最高のパフォーマンスを出せるように導ける人ではないでしょうか。しかし、そのためには教える側にしっかりとした指導プランがなければなりません。

社員に自分の言葉を信じ込ませるためにも、経営者は神がかり的に見える人の方がいい。周りから「あいつ少しおかしいんじゃないか」と思われるぐらいがちょうどいいのです。淡白な性格の人や、理詰めの人はあまり向かない。特にエステーのような中堅企業の場合はそうです。

ソフトバンク時代であっても、私は日曜日には休むよう心がけていました。週に一日くらいは、仕事のことを忘れて過ごすべきです。休みの日なのに、ぐじぐじと悩むのは、体にも良くないし、仕事にも良くありません。気が重い報告であっても、金曜の夜までに済まし、リフレッシュする週末を過ごしましょう。

将来の目標もとくには決めていません。目標は、今日書かなければならない20枚をきちんと書き終えることです。

やはり当社が会社になる前を含めた300年の歴史の重みは無視できないと思います。この間、明治維新という歴史の転換点があり、二度の世界大戦があり、関東大震災という災害もありました。世の中がひっくり返るような大変化を幾度も経験しているわけです、そんな経験を積む中で、経営を長期的に見る視点が養われたのではないかと想像します。

ページの先頭へ