大前研一の名言|情報というのは自分から取りにいかなければ、価値を生むことはない

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報というのは自分から取りにいかなければ、価値を生むことはない。毎日の情報の流れの中から、いかに自分に役立つものを取りこんでくるか、である。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

国が硬直化して動かないのであれば、地方から変えていけばいい。

持続が大事だということは建築写真家の二川幸夫さんも言っています。「ポッと出て5年もつ奴はいる。10年もたてば建築家らしくなる。でも、30年もたたなければ、自分は建築家と認めない」と。30年トップクラスで活躍できる人というのは、本当に少ないですね。

かつて有料だったものが無料になると、人はそれを低く見なしがちだ。以前は人気のあったクラブが、いまは無料で誰でも入場可能になったようなものだ。だが、最初から無料で、それ以外になりようがない場合、人々がそれを軽く見なす根拠はほぼない。

うちは「製造業」というより「お客様満足業」。お客様の好き、嫌いで戦っている世界です。今、生きているのが不思議ですね。毎日バクチをやってるようなもの。一寸先は闇ですよ。

去年と今年を変えない限り、会社は潰れると思って欲しい。

日々ニュースをチェックしても、今日の売上げは上がらないでしょう。「こんなことをして、意味あるのだろうか?」と思うかもしれません。しかし、繰り返しているうちに、確実に風を読む力が養われていきます。その力は、近い将来、必ず、あなたの身を助けてくれるはずです。

いまは、サントリーさんを、うちの会社のあり方の目標にしています。サントリーさんは非上場ですが、その知名度、社名のブランド力は全国区です。なぜかといえば、基本的なベースは、文化活動などでの社会貢献の結果だと思っています。
【覚書き|スポーツや音楽イベントなどの主催・協賛や、文化活動、社会貢献活動に力を入れていることについて語った言葉】

ページの先頭へ