大前研一の名言|情報というのは自分から取りにいかなければ、価値を生むことはない

情報というのは自分から取りにいかなければ、価値を生むことはない。毎日の情報の流れの中から、いかに自分に役立つものを取りこんでくるか、である。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社では部下が全員年上なんてこともザラにありますし、「ちょっと部長から降りてもらいますよ」などという降格人事を発令することもよくあります。降格されて会社を辞めてしまう人もいませんし、次に与えられたポジションで成果を出して部長に返り咲くといったことも日常茶飯事です。

野中正人の名言|役職に流動性を


反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。

セバスチアン・スランの名言|人工知能が人間から仕事を奪うことは悪いことばかりではない


僕がいつも意識しているのは、「誰もまだやっていないんじゃないか」というものを目指していこうということです。いまって、何をつくるにしても、誰かの影響を受けちゃっていると思うんです。そこからいかに解き放たれるかというのが、すごく大事な問題です。

太田光の名言|誰もまだやっていないことを目指す重要性


まずはすべての販売チャネルのなかで「食」への意識が高く、ブランド力のある企業に戦略的に卸していきました。小売に進出しようと思ったのは、卸業を営む中で、お客様の需要を実感したためです。

作山若子の名言|こだわりがありブランド力がある企業に商品を卸す


電子書籍もホント同じ轍を踏みつつある。「書籍」がつくと、とたんに新しい発想が出ない。ブログやツイッターのようにまだ電子屋のほうが面白いものをつくる。

松岡正剛の名言|名称に発想が縛られる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ