大前研一の名言|情報というのは自分から取りにいかなければ、価値を生むことはない

情報というのは自分から取りにいかなければ、価値を生むことはない。毎日の情報の流れの中から、いかに自分に役立つものを取りこんでくるか、である。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

すでに誰かがやったことを真似たり、既存の領域で闘ってもビジネスでは勝てません。

大企業とスピードは相反する。でも、インターネットの世界ではスピードが命だ。

社外取締役で構成されている(後継者の)指名委員会から、いつも言われています。「あなたがこの会社の最大のリスクだ。いつまでも経営をやり続けられるわけがないだろう」と。指名委員会はみんなもう私と個人的な接点はほとんどないですから、何かあればすっぱり(引退勧告を)やってもらえれば、スッキリと退きます。生え抜きが指名委員会にいますとなかなかこうはいかないでしょうから、そうならないようにしています。

鈴鹿(サーキット)でみんなに言ったことは、帰りのお客さんの顔をよく見て商売しろ、ということでした。つまらなそうな顔をして帰ったら、もう二度と来ない。それが商売の鉄則だということです。

人生で確かなものは今、この一瞬一瞬だけです。今のこの瞬間を精いっぱいやり尽くすこと、きょう一日を後悔しないものにしようと思って生きることでしか、人生を充実させることはできないんです。だからこの命をどう使い、どう燃やしていくか、考えていかなければいけません。

少子化や高齢化などの社会的背景や日本経済の先行きを考えれば、今後は厳しい時代を迎えるでしょう。それでも顧客から選んでもらうために、実際に売り場などで成果を上げる現場力にこだわっています。

ただ不動産仲介会社に問い合わせるだけでは、優良物件の情報を出してもらえません。大事なのは、ここでも関係づくり。当社に物件・を紹介していただくメリットを丁寧に伝えています。たとえば、物件を購入するかどうかの判断が早いことや、個人に販売すると瑕疵(かし)担保責任を負うことになりますが、当社に販売してもらえば負わなくてもいいことなどです。こうしたことを伝えたうえでなら、「そのぶん、価格を下げてもらえませんか」という交渉ができます。

現実と空想の境界線というのは一本の線ではなく、一つの地帯のようになっている。

事業経営をやろうと思う人は、まず「良き観察者」でなければいけない。

私たちはコーヒーを売っていますが、1杯の価値はコーヒーそのものだけではありません。そこには、リラックスできるなど様々な価値があります。成熟した先進国で稼ぐには、そうした潜在的な価値を見いだし、ビジネスとして提供する仕組みが欠かせません。

ページの先頭へ