大前研一の名言|食費と情報のための金額を同額にしろ

「情報投資にどれくらいのお金をかければいいですか?」と最近、聞かれることがある。人によって違うのは当たり前だが、自分の体を維持するためにどれくらいの食費をかけているか、考えてほしい。胃に入れる金額と頭に(情報を)入れる金額を同じにしろ! というのが私のアドバイスである。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

利益を出すことが起業する者の当然の務め。

毎日遅くまでどっぷり現場に浸かっていたら、外の状況が見えなくなってしまいます。月に一回は会社をさぼって遊べと言っているぐらいです。

「All OK = All no good(誰もが賛成することは、総好かんと選ぶところはない)」。売り方と買い方の競り合いなしに相場が成り立たないのと同じ理屈である。

とにかく面白そうな本を買ってきて、手当たり次第に読んでみる。面白くなければ、捨てればいいのです。ただ、私の場合は面白くても読み終わったら本は捨ててしまいます。捨てるからこそ、真剣に読むのです。

生まれ変わる必要はない。感情の使い方を変えればいい。

(アウトソーシング先の)コールセンターのオペレーターの方にも、できるだけ直接お会いして理念をお伝えしています。そうすれば、トラブルがあっても迅速に顧客満足度を高める対応ができるようになります。アウトソーシング先がいちいちこちらに問い合わせるのではなく、「ランクアップならきっとこう判断する」と自律的に判断してくれるからです。

社員に向けた文書だと、意図的に感性に訴える表現をしたり、生活感のある言葉を選んだりしています。文字数を少なくしたり、ときにはイラストを入れたりして、見た目が堅苦しくならないようにする工夫もしています。同じ内容の文章でも、銀行向けに書く場合は数字や文字を多くし、少し堅い感じにします。銀行に対してはそのほうが伝わりやすいからです。文書の味付けは相手によって変える必要があります。

きみな、赤字というのは、人間の体で言うたら、血を流してるのと一緒や。体から血が流れっぱなしやったらどうなる? 死んでしまうわな。死んだらいかんから、血を止めないかんな。

昨今のナレッジワーカー(知識労働者)は担当している仕事については、ボス(上司)より知識が豊富なので、ボスは細かい指示を出すより部下から知識を聞き出して、彼らの成果にレバレッジを利かせることが大事になっています。

注意したいのが「3年後の節目」。サラリーマン時代に蓄積したノウハウは、独立から3年たつと尽きるのが普通です。ですから、その前から新たな知識を吸収し、次の3年に向けた種まきをすべきです。

ページの先頭へ